喉のイガイガを治す方法

喉のイガイガを治す方法 病気、症状
喉のイガイガを治す方法
この記事は約6分で読めます。


喉のイガイガや痛みに悩まされたことがある人は、それがどれほど不快なものであるかを知っています。しかし、心配はいりません。しかし、心配はいりません。私たちは、薬に頼ることなく、喉の痛みを素早く治すための、試行錯誤を重ねたヒントを提供します

はじめに

のどの痛みはよくあります。
喉の痛みは一般的で、風邪やインフルエンザ、アレルギーが原因であることが多いです。通常、喉の痛みは数日で治まりますが、その間は痛くて不快な思いをすることになります。幸いなことに、喉の痛みを自宅で治療できる方法がいくつかありますので、できるだけ早く緩和させることができます。喉の痛みをすばやく簡単に治す方法について、詳しくはこちらをご覧ください。

喉の痛みの症状について

喉の痛みは、軽い不快感から激しい痛みまで様々です。喉の痛みの一般的な徴候や症状は以下の通りです。
-飲み込むときの痛み
-声のかすれまたは損失
-のどの奥の赤み
-扁桃腺やリンパ節の腫れ
-のどの奥の壁に白い斑点ができる。
-発熱(特に小児の場合
-のどがかわく、かさかさする。
これらの症状の一部または全部が見られる場合は、医師に相談して原因を特定し、適切な治療法を決定してください。

喉のイガイガの原因

喉の痛みは、風邪、インフルエンザ、およびおたふく風邪、はしか、溶連菌感染症などのより深刻なウイルスや細菌性の病気など、いくつかの感染症によく見られる症状です。また、タバコの煙やホコリなどの刺激物に短期間さらされた場合も、喉の痛みを引き起こすことがあります。また、アレルギーも原因のひとつと考えられます。

感染症は、ウイルス粒子を含んだミストや、咳やくしゃみをしたときに出る唾液の飛沫に触れることで広がります。多くの人が集まる応接室で過ごす人は、このような接触により、のどを痛めるリスクが高いかもしれません。感染症にかからないようにするためには、定期的に手を洗い、咳やくしゃみをしている人のそばにいるときは、手を洗いましょう。また、感染しそうな症状のある人には、できるだけ近づかないようにしましょう。

喉のイガイガに対する家庭療法

喉の痛みは、ウイルスによる風邪やインフルエンザなどの感染症の症状であることが多いですが、煙などの環境刺激によって起こることもあります。どのような原因であれ、塩水でうがいをする、温かい飲み物を飲む、トローチを使うなどの家庭療法が、軽い症状を緩和することができます。

塩水うがい 喉の痛みを和らげる最も簡単で効果的な治療法のひとつが、1日に数回、温かい塩水でうがいをすることです。小さじ1/2の塩を8オンスのぬるま湯に溶かし、1日に2、3回うがいをする。注意:もし、溶液がやけどするようであれば、塩の量を減らしてもよいでしょう。

温かい水分を摂る。蜂蜜やレモンを入れた熱いお茶を飲むと、のどをコーティングして刺激を少なくし、一時的に痛みを緩和することができます。さらに、ハチミツには治癒効果があり、痛みの回復を早めてくれるかもしれません。その他、温かいスープ(チキンやビーフ)、ハーブティー、リンゴやクランベリーなどの温めたフルーツジュースもおすすめです。

加湿器を使用する。寝室に加湿器を置いて、睡眠中に湿った空気を吸い込むと、喉の調子が良くなることがあります。 また、脱水症状になると喉の痛みがひどくなるため、一日を通して水分をたくさん摂るようにしましょう。

ミントドロップとトローチを使用する。フィッシャーマンズ・フレンドのようなメントールベースの咳止めドロップは、すばやく症状を緩和することができます。できれば、エッセンシャルオイルから作られた、自然な香りのミントドロップを使ってみてください。

喉の痛みに対する市販の治療法

市販薬は、その多くが処方箋なしで入手可能で、喉の痛みの不快感を和らげるのに役立ちます。非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)は炎症を抑え、喉の痛みのために最も一般的に処方される市販薬の一つです。イブプロフェンやナプロキセンで十分な場合があります。

痛みがより強い場合は、局所麻酔薬が役に立つかもしれません。これらの製品には、ベンゾカインやフェノールなどの麻痺剤が含まれており、喉の痛みを和らげることができます。メントールや亜鉛を含むトローチも、喉の不快感を緩和してくれるかもしれません。

ベーパーラブや薬用吸入剤は、首や胸のあたりに塗ると一時的に症状が緩和されることがあります。ウイルス感染による喉の痛みには、市販の咳止め(デキストロメトルファン)を使用することが推奨されることがあります。

医者にかかるタイミング


喉の痛みに対処するには、自己治療や対症療法だけでは不十分な場合があることに注意が必要です。良性の場合は、自宅で簡単に治すことができますが、喉の痛みが7日以上続く場合や、発熱、咳、飲み込みや呼吸の困難、耳の痛みなどの症状がある場合は、医師の診断を受け、治療を受けてください。

受診の際には、適切な診断と治療を行うために、関連する症状や病歴について説明することが重要です。口、喉、鼻の検査や、最近の健康歴の確認などの診察が必要な場合があります。医師は、感染症が存在するかどうかを判断するために、咽頭培養などの臨床検査を実施したり、X線検査などの追加の身体検査を提案したりすることもあります。診断結果によっては、症状を緩和し、合併症の発生を抑えるために、医師から何らかの薬が処方される場合もあります。

のどのイガイガの予防

喉の痛みに関しては、予防が最良の薬であることが多いようです。このような場合、「痒いところに手が届く」状態であることが大切です。

-タバコはのどを刺激し、免疫機能を低下させるので、吸わないようにしましょう。

-粘膜を湿らせ、のどの炎症を鎮める効果があるため、水分を多くとる。

-副流煙や環境汚染物質、ほこりやペットのふけなどのアレルゲンにさらされるような行動は避けましょう-これらはすべて喉の炎症の原因となります。

-特に、他の人やよく使うものに触れた後は、こまめに手を洗い、細菌の拡散を防ぎましょう。

-感染に対する免疫システムを構築するために必要なビタミンやミネラルを含む野菜や果物を多く取り、バランスのとれた食事をする。

-疲労は免疫力を低下させるので、体調がすぐれないときは無理をしないようにしましょう。

-ティースプーン1杯の塩を8オンスのぬるま湯に溶かし、30秒ほど振り混ぜてから吐き出しましょう

おわりに

喉の痛みは不快なものです。 喉の痛みは不快で刺激的ですが、痛みを和らげる様々な方法があります。市販の薬で緩和されることもありますが、生活習慣の改善、自然療法、衛生習慣が役立つ場合もあります。 喉の痛みに関連した不快感がある場合、セルフケア方法や治療法を試す前に、医師に相談してください。 また、症状の程度に不安がある場合は、医療機関にご相談ください。

以下のような予防策をとることで、喉の痛みを未然に防ぐことができます。

-頻繁に手を洗う -水分補給をする

-病人との接触を控える。

-冬場の乾燥しすぎの暖房器具の使用を控える。

-アレルゲン(ほこりやペットのふけ)に触れる機会を減らす。

-ストレスのレベルを管理する

コメント