胆石の痛みを和らげる方法

胆石の痛みを和らげる方法 病気、症状
胆石の痛みを和らげる方法
この記事は約7分で読めます。

胆石をお持ちの方は、胆石が引き起こす痛みをご存知でしょう。しかし、希望はあります! このブログの記事では、胆石の痛みを和らげ、体が必要とする救済を与えるのに役立つ様々な方法を探ります。さあ、椅子に座って、紅茶を淹れて、胆石の快適さを追求しましょう!

胆石について


胆石は、胆嚢にできる消化液の固まった沈殿物です。大きさは砂粒からゴルフボールまで様々で、コレステロールや色素で構成されていることがあります。毎年約100万人のアメリカ人が胆石と診断されていますが、ほとんどの場合、症状が出ることはありません。しかし、胆石の症状が現れた場合、通常、腹部から背中や肩甲骨にかけての痛みを伴います。さらに、吐き気や嘔吐、消化不良、粘土色の便、皮膚や目の黄ばみ(黄疸)などの症状もよく見られます。

胆石による不快感が軽い場合、医師は特定の治療や薬を処方せず、様子を見ることを勧めるかもしれません。しかし、痛みが我慢できないほど強くなったり、発熱や悪寒、嘔吐などの危険因子を伴う場合は、すぐに医師に相談し、詳しい診断と治療法を教えてもらう必要があります。

胆石の原因


胆石は、胆嚢にできる消化液の固まった沈殿物です。胆石ができる原因は様々ですが、一般的には、コレステロールと胆汁酸塩のバランスの崩れ、家族歴、特定の薬物、急激な体重の減少などが挙げられます。

胆石が小さいうちは、胆石があることに気づくことはほとんどありませんが、大きくなると胆管の一つを塞いだり、一緒になって大きな石になり、強い腹痛や吐き気を引き起こします。

胆石の主な原因は、胆汁中のコレステロールの過剰な濃度にあります。これは、食事による脂肪やコレステロールの過剰摂取によって起こる場合と、遺伝的要因によって起こる場合があります。また、避妊薬や抗生物質など、特定の薬剤がコレステロール値を上昇させ、結石の発生につながる可能性もあります。

手術やダイエットによる急激な体重減少は、胆汁酸塩の量と大きさのバランスを崩し、放置すると胆石の形成につながる可能性があります。このように、生活習慣の大きな変化(特に食生活の変化)は、危険な可能性があるため、医師とよく話し合うことが大切です。

胆石の症状について


胆石の痛みは軽度から重度まであり、必ず医師の診断を受ける必要があります。胆石症は、一般的に右上の腹痛として現れ、しばしば肩や背中に向かって広がっていきます。症状としては、吐き気や嘔吐、発汗、悪寒、皮膚の黄変(黄疸)、深いため息、発熱、粘土色の便、暗い尿、腹部膨満感などがあります。胆石による痛みは激しく、潰れるような、焼け付くような痛みと表現されることがあります。波打つように、あるいは鋭い痛みとして、数分から数時間続くこともある。一般的に、胆石の痛みは、脂肪分の多い食事や脂っこいものを食べた後、またはアルコールを飲んだ後に悪化します。もし、これらの症状がある場合は、すぐに医師に連絡し、適切な診断と治療を受けてください。

胆石の診断


胆石は、身体検査、臨床検査、画像診断など、さまざまな方法で診断することができます。身体検査では、通常、詳細な病歴を聴取し、身体検査を実施します。これにより、患者が胆石による不快感を感じているのか、それとも他の消化器系の問題があるのかを判断することができる。胆石の診断に用いられる典型的な臨床検査には、血液サンプルの白血球数、コレステロール、ビリルビン、アルカリフォスファターゼ、その他の炎症の指標となる数値の上昇を検査することが含まれる。X線、超音波、核磁気共鳴画像法(NMRI)などの画像検査も、胆石が胆道系に存在しているかどうかを確認するために行われることがあります。これらの方法はすべて、医師が胆石を正確に診断するために役立ちます。

胆石の治療

痛みやその他の合併症を引き起こす胆石の治療には、一般的に外科的または低侵襲的な方法で結石を除去することが必要です。結石によっては、薬物療法、衝撃波療法、その他の方法で溶解させることもあります。胆石を物理的に除去する場合、通常は腹腔鏡手術(低侵襲手術)で行うことができますが、大きな結石の場合はより伝統的な方法が必要になることもあります。

胆石の大きさや位置、症状、健康状態などを総合的に判断し、患者さんにとって最適な治療法を決定することが目的です。治療法の選択肢は以下の通りです。

  1. 腹腔鏡下胆嚢摘出術:胆嚢に詰まった胆石を除去する方法の一つで、開腹手術に比べリスクが低く、回復も早い。
  2. 開腹胆嚢摘出術:結石の大きさや体内の位置により、腹腔鏡で摘出できない場合、この方法が必要になることがあります。この方法は、腹部を切開し、全身麻酔をする必要があります。
  3. 体外衝撃波結石破砕術。大きな結石を小さな粒子に砕き、胆管を通過しやすくして腸に排出させる非侵襲的な方法。
  4. 経口溶解療法(薬物療法)。小さな胆石を薬で分解し、臓器から腸に通過しやすくする方法です。 (3)の処置によっては、治癒時間を短縮し、感染のリスクを軽減し、傷跡を目立たなくする、特別な高度創傷ケア製品があります。

胆石の痛みに対する家庭療法

胆石の痛みは、特に軽度の場合は、通常、自宅で管理することができます。市販の薬で症状を抑えることができますし、いくつかの自然療法も効果があるとされています。胆石症によく効く家庭薬は、薬と併用すると別の問題を引き起こす可能性があるため、試す前に医師と相談することが大切です。

胆石の痛みに対する一般的な家庭療法は以下の通りです。
-胆嚢内の胆汁を薄め、胆嚢の炎症と痛みを防ぐのに役立ちます。1日にグラス8杯以上の水を飲むことを目標にしましょう。
-温熱療法を行う-温湿布を貼ったり、温かいお風呂やシャワーを浴びると、結石のために痛みを感じている胆嚢の周りの筋肉を含め、体の多くの部分をリラックスさせることができます。
-食物繊維を摂る -食物繊維は胆嚢内の老廃物をより早く移動させる働きがあり、胆石のある方の炎症を抑えることで、不快感を軽減したり、症状を完全に防いだりすることができます。
-揚げ物を控える -揚げ物よりも焼き物を多く摂ることで、胆石による腹痛を軽減できる可能性があります。

胆石のための食事療法

食事療法は、胆石を緩和するのに役立ちます。
食事療法を行うことは、あなたの不快感を和らげ、さらなる合併症を防ぐのに役立ちます。ここでは、胆石の治療と予防に役立つ食事のヒントをいくつか紹介します。
1) 低脂肪の食品を選びましょう。脂肪の摂取を1日のカロリーの30%以下に抑えましょう。ベーコンやハンバーガーなどの揚げ物や加工肉ではなく、鶏肉、魚、七面鳥のカツレツなど、赤身のタンパク質を選びましょう。バターやチーズなどの高脂肪食品ではなく、ジャガイモ、サツマイモ、カボチャなどの無脂肪の芋類を食事に取り入れる。
2)食物繊維をたっぷり摂る:果物、野菜、豆類、全粒穀物(オーツ麦など)、ナッツ、種などの食物繊維を1日に25g以上摂りましょう。食物繊維をたくさん摂ることで、消化を助け、胆石のリスクを軽減することができます。
3)定期的に水分補給をする。適切な水分補給は、余分なコレステロールを体外に排出し、胆石形成のリスクを軽減します。1日にコップ8杯(64オンス)の水を飲むことを目標とし、特に活動的な人や暑い気候に住んでいる人は、さらに多くの水を飲むようにしましょう。また、炭酸飲料などの糖分の多い飲み物は避け、一口一口を大切にしましょう。
4)塩分の多い食品を避ける。塩分の高い食品は、脱水症状を引き起こし、胆管での結石形成を促進するため、胆石症のリスクを高めます。ベーコンや惣菜など、塩分を多く含む調理済みの食品は避けましょう。タンパク質も揚げ物より焼き物にしましょう!

胆石の予防について


胆石は、健康的なライフスタイルを送ることで予防することができます。適切な食事と運動習慣によって健康的な体重を維持することが、胆石を予防する鍵となります。果物、野菜、ナッツ類などの食物繊維を多く含む食品を食べ、砂糖や飽和脂肪を加えた食品を避けることは、胆石形成のリスクを減らすのに役立ちます。

さらに、すでに胆石と診断されている方は、食生活を見直すことで、さらなる結石の形成を防ぐことができるかもしれません。炭酸飲料を避け、一日の食事を少なめにすることで、新たな結石ができるリスクを減らすことができます。

十分な水分補給は、胆管に結石を形成する原因となる毒素を洗い流すのに役立ちます。最後に、脂肪分の多い食品の摂取を控えることは、胆石発作に関連する症状を軽減するのに有効です。

コメント