子供の咳を止める方法

子供の咳を止める方法 病気、症状
子供の咳を止める方法
この記事は約7分で読めます。

子供の咳を止めるには

咳は子供のころにはよくあることです。しかし、あなたの小さな子供が、睡眠を妨げ、心配になるほど咳をし始めたら、行動を起こすべき時が来たとわかります。子供の咳をきっぱりと止める時が来たのです。このブログ記事では、子どもの咳を和らげて、健康な自分を取り戻すための最善の方法について説明します。

はじめに

子どもの抑えきれない咳は、心配で不快なものです。ほとんどの咳には、風邪やアレルギーなどの単純な原因がありますが、まれに、喘息や肺炎など、より深刻な何かのサインである場合もあります。市販の薬に手を出す前に、咳の原因を突き止めることが肝心です。 咳の原因のほとんどは、処方箋や市販の薬を使わずに自宅で治療することができます。適切な治療と家庭での対処で、完全に症状がなくなることはなくても、数日以内に子どもの症状を大幅に軽減できることがよくあります。以下は、子供の咳を止める方法に関するヒントで、役に立つと思われます。

子供の咳の原因

咳は、刺激物や感染症から肺、喉、鼻を守るための重要な反射メカニズムです。小児では、風邪やインフルエンザなどのウイルス感染、アレルギー、大気汚染、タバコの煙や香水などの刺激物への暴露、喘息、鼻汁後などが咳の一般的な原因として挙げられます。その他の原因としては、特定の薬物や心臓病などの基礎疾患が考えられます。細菌や真菌による感染症も、幼児の咳の原因となることがあります。場合によっては、原因がまったくわからないこともあります。 咳が1週間以上続くようであれば、かかりつけの小児科医に相談することが重要です。

小児科医が提案するしつこい咳の対処法は、根本的な原因によって異なる場合があります。症状緩和のための市販薬、細菌感染に対する抗生物質、喘息や子供の咳の原因となるその他の呼吸器疾患に対する吸入器など、いくつかの治療法のいずれかを小児科医に勧めることがあります。また、家庭環境からアレルゲンを取り除くなど、ライフスタイルを変えることで咳の症状を軽減できる場合もあります。

子供の咳の徴候と症状

咳は子どもによくある問題で、さまざまな病状の兆候である可能性があります。お子様が咳で困っていることを示す徴候や症状を認識し、適切な対処ができるようにすることが重要です。 子供の咳で最も一般的なのは、肺から吐き出された空気が刺激によって乱れたときに音が出る「生産性」または「乾性」の侮蔑的な咳です。

このタイプの咳は、通常、風邪やアレルギーの後に出ることがあり、喘息、肺炎、気管支炎、百日咳などの疾患によって引き起こされることもあります。また、煙やペットのフケ、スモッグ、ほこりなど、気道を刺激する環境要因が原因で咳をすることもあります。

小児の咳に関連する一般的な徴候や症状には、一日中頻繁に起こる咳、夜間のしつこい咳、速い呼吸、喘鳴、荒い音の咳、触ると痛い胸痛、発熱、胸部収縮、青っぽい唇や舌(チアノーゼ)を伴う苦しい呼吸、発作時に強い吸気音(百日咳)に先行してむせる、発作後に吐く、発作時にかなり疲労する、があげられます。 これらの症状が現れたら、できるだけ早く医師の診察を受けることが重要です

子どもの咳の家庭療法


咳は、気道から刺激物や異物を取り除くのに役立つため、子どもの免疫システムの正常な一部である可能性があります。とはいえ、休息を妨げたり、日常生活に支障をきたしたりすることもあります。幸いなことに、咳を軽減し、子どもをより快適にするための家庭内療法がいくつかあります。

水分補給を促す。お茶やお湯、ジュースなど、カフェインが入っていない飲み物を飲むことで、水分を補給し、のどにたまった粘液を薄めて咳の程度を軽くすることができます。

加湿する。お子さまの寝室に加湿器を設置すると、水分が喉の炎症を鎮め、咳を抑えるのに役立ちます。ただし、24時間ごとに加湿器を交換すると効果的です。

生理食塩水の点鼻薬またはスプレー。生理食塩水の点鼻薬やスプレーは、お子さまの鼻腔内の刺激物を洗い流し、喉の余分な粘液を減らして、咳をしにくくするのに役立ちます。子供にも安全なように、アルコールを含まない生理食塩水を選んでください。

蒸気の吸入。お湯を沸かし、エッセンシャルオイル(ユーカリ、ペパーミント、レモン)を数滴たらすと、鼻の詰まりを解消したり、咳の発作による喉の炎症を鎮めたりする効果のあるホットミストが得られます。この目的でエッセンシャルオイルを使用する場合は、必ず資格を持ったアロマセラピストに相談し、スチーム吸入の前に水で希釈してください。

うがいをする。うがい:塩水(小さじ1杯の塩を8オンス/230ミリリットルのぬるま湯に溶かしたもの)を優しくうがいをすると、気道の粘液が緩み、胃に飲み込むよりも口から吐き出した方が咳き込みやすくなります。
お子様が呼吸困難に陥ったり、青くなったり、唇や口の乾燥、疲労や混乱など、脱水症状の兆候が見られたら、すぐに医師の診察を受けてください。また、1週間以上咳が止まらない、症状が悪化している、発熱や耳の痛みなど他の病気の兆候がある場合も、医師の診察が必要です。

場合によっては、気管支炎や肺炎、喘息などの重篤な疾患を除外するために、医師の診察が必要なこともあります。これらの病気が心配な場合は、できるだけ早く医師の診断を受けることが大切です。小児科医は、お子さまに最適な治療法を提案し、必要に応じて薬を処方してくれるでしょう。

医療専門家に相談する前に、お子さんの咳を自宅で治療する手段を取らないことが重要です。症状によっては、市販薬では得られない特別なケアが必要な場合もありますし、訓練を受けた専門家による注意深い観察が必要な小さな子どもにとって、自己流の治療は危険なものです。

子どもの咳の薬


子供の咳の治療に関しては、薬は医師または医療専門家によってのみ処方されるべきです。咳は通常、根本的な問題によって引き起こされるため、治療はそれに対処することを目的とする必要があります。多くの咳は自然に良くなりますが、子供が根本的な原因から回復する間、咳の感覚を軽減するのに役立つ治療法がいくつかあります。

薬には以下のようなものがあります。
-市販の咳止め薬。これらは通常、喉を潤す作用のある鎮痛剤か、咳の衝動を抑える抑制剤のどちらかです。6ヶ月以下の乳児には、安全性と有効性が確認されていないため、使用しないでください。
-充血除去剤。鼻腔内の粘液を収縮させて乾燥させ、鼻づまりや、咳の原因となる鼻汁などの鼻づまり症状を緩和する効果があります。
-エクスペクタント。ムコキネティクスとしても知られているこの薬は、粘液を薄くして肺や気道から咳き込みやすくする薬です。このタイプの薬は、お子様の気道に過剰な粘液があり、通常よりも咳をしていると医師が判断した場合に処方されます。
-咳止め薬。鎮咳剤:鎮咳剤としても知られているこの薬は、咳をしたいという衝動を抑える働きがありますが、一度出始めた咳を止めることはできないため、子供のしつこい咳を治療するための他の種類の薬よりも効果が低くなります。

子どもの咳の予防

子どもの健康と咳のない状態を保つには、予防から始めましょう。多くの病気と同様に、咳の発作を防ぐ鍵は、良い衛生習慣を実践し、家庭や環境を清潔に保ち、適切に調理された新鮮な食品を子供に与えることです。

-頻繁に手を洗う。頻繁に手を洗う:石鹸とぬるま湯で20秒程度、定期的に手を洗うよう子どもに勧める。可能であれば、手洗いができないときは、安全な除菌剤を与える。
-接触を避ける。接触を避ける:現在咳をしている人、最近風邪や呼吸器系の病気の症状が出た人との接触を避けるようにさせる。
-身の回りを清潔にする。咳を引き起こすウイルスを持つ人が触った可能性のあるテーブル、ドアノブ、電気のスイッチ、おもちゃなどの表面は定期的に掃除し、消毒する。
-健康的な食生活を心がける。健康的な食事の実践:新鮮な果物、野菜、鶏肉や魚などの低脂肪タンパク質を食べ、すべての食事で十分な栄養素を摂取できるようにしましょう。また、加工食品や砂糖の入ったスナック菓子は、栄養がほとんどないため、控えるようにしましょう。
-環境要因に注意する。環境要因の監視:大気汚染に関する政府機関の勧告に注意し、子供の繊細な呼吸器官をできるだけ露出させないようにします。天候に恵まれれば屋外で過ごすことが多い幼児をケアする場合は、汚染レベルが通常より高い日には屋外での活動を制限することを検討しましょう。

まとめ

子供が過度に咳き込んでいるときは、小児科医の診断を受けることが大切です。落ち着いて必要な処置をすることが大切ですが、しつこい咳が続くようであれば、専門家の助言を仰ぐようにしましょう。咳止めや去痰剤は医師の指示に従って使用できますが、一般に、子どもの頻繁な咳は、ほとんどの場合、家庭で自然療法で対処することができます。

子供にとって快適な環境を作ることも大切です。新鮮な空気の流れを確保し、部屋の湿度を保ち、水分の摂取量を増やすことは、頻繁な咳を緩和するために使用できる戦略のほんの一部です。また、絵本を読んだり、落ち着いた音楽を聴かせたりして、リラックスさせることも効果的です。

何よりも、お子さんが咳をしているときは、常に注意深く観察してください。症状が改善されない場合や、時間が経って悪化した場合は、肺炎や喘息など、より深刻な基礎疾患の兆候である可能性がありますので、すぐに医療機関に連絡するようにしてください。

コメント