眼圧を下げる方法

眼圧を下げる方法 病気、症状
眼圧を下げる方法
この記事は約7分で読めます。

眼圧を下げるためのワンストップガイドへようこそ! このページでは、眼圧を下げるための方法をご紹介します。さっそく始めましょう!

はじめに

眼圧とは?
眼圧(IOP)とは、目の中の圧力の指標です。高い眼圧(または眼圧亢進症)は緑内障発症の危険因子であり、遺伝、年齢、民族性、怪我など様々な要因によって引き起こされます。眼の健康を維持するためには、眼圧を管理することが重要です。

ほとんどの場合、眼圧を下げるには、生活習慣を改善し、医師や検眼士の助けを借りることができます。食事や運動習慣の改善、特定の薬や目薬の使用、レーザー治療などが考えられます。以下は、医学的介入だけでなく、自然に眼圧を下げる方法についてのヒントです。

眼圧とは何ですか?

眼圧(IOP)とは、目の中の圧力の指標であり、目の内部の形や構造を微妙に調節しています。健康な目では、眼圧は目の健康を維持するために重要な範囲に収まっています。このバランスが崩れると、眼球内の水分が多くなり、高眼圧または眼圧上昇を引き起こします。眼圧の上昇は、視神経にダメージを与え、不可逆的な視力低下を引き起こす緑内障につながる可能性があります。

眼科医は、眼圧計(眼圧を測定・記録する機器)を使って、定期的に眼圧を測定します。また、眼底鏡検査やその他の検査により、目の内部構造の変化や損傷の兆候を確認することもあります。

眼圧が高くなる原因としては、加齢やホルモンの変化、コンタクトレンズを頻繁に使用し十分な休憩を取らない、ステロイドに長期間さらされるなどが考えられますが、この種の視力問題に大きな問題がある場合、これらが常に原因であるとは限りません。高眼圧による障害は不可逆的であるため、視力の問題を真剣に受け止めることが重要です。目の痛みや視力・視野の著しい低下など、眼圧が高いことに関連する症状がある場合は、適切な診断が行われるよう、直ちに医師の診察を受けることが重要です。

高眼圧の原因

眼圧が高くなる原因は、眼球内の液体の蓄積、基礎疾患、あるいは眼球の損傷など、さまざまな要因によって引き起こされます。眼圧上昇の正確な原因を特定できない場合もありますが、この問題の原因となり得る一般的な要因がいくつかあります。これらは以下の通りです。 -加齢。加齢:40歳以上の人は、レンズが厚くなり、体液量の変化に対応できなくなるため、眼圧が上昇することが多くなります。 -家族歴。家族歴:家族に眼圧上昇の病歴がある人は、この症状を経験する可能性が高くなります。 -医学的条件。緑内障などの特定の疾患は、眼圧を上昇させ、放置すると視力低下につながる可能性があります。また、高血圧も眼圧上昇に関与している可能性があります。 -体液の蓄積。体液が過剰に分泌されたり、排出が低下すると、眼圧が上昇することがあります。 -目の怪我。スポーツによる鈍的外傷やコンタクトレンズが合わないなど、眼球に外傷を負うと、眼圧が高くなることがあります。 眼圧が高くなる一般的な原因を理解することで、生活習慣を改善し、より早く治療を受け、将来にわたって自分の視力を守ることができます。

眼圧が高くなる原因には、次のようなものがあります。

高眼圧の症状

眼圧が高いということは、緑内障の兆候である可能性があります。通常、痛みはなく、症状が進行するまで気づかれないことがよくあります。 眼圧が高いと、視界がぼやける、照明の周りに虹のような光の輪ができる、頭痛、患部の目の充血、目の痛み(特に上下左右を見るとき)、夜間の視力低下などの症状が現れます。 これらの症状があり、高眼圧である可能性があると思われる場合は、できるだけ早く眼科医またはプライマリーケア医の診察を受け、診断と適切な治療を受けることをお勧めします。高眼圧の治療には、眼圧を下げるための薬物療法と、薬物療法で眼圧をうまくコントロールできない人のための手術があります。

高眼圧の診断

高眼圧の診断
眼圧の潜在的な問題を診断する場合、眼科医は通常、眼圧計を使用して眼圧を測定します。この装置は、角膜に当てて、目の中の現在の圧力の正確な測定値を記録します。状況によっては、デジタル光コヒーレンス・トモグラフィーなどの画像検査など、追加の検査を医師から勧められる場合もあります。

眼圧測定の結果によっては、さらに詳しい検査や専門医による治療を受けるよう紹介されることがあります。眼圧測定値が正常範囲より高い(21mmHg以上)場合(臨床医が判断)、高眼圧症または緑内障の可能性が高いので、さらに医師の診察を受ける必要があります。眼圧が高いと、目の周りの筋肉や神経にダメージを与え、放置すると重大な視力低下や失明につながる可能性があるため注意が必要です。

眼圧を下げるための治療法

眼圧とは、目の中の圧力のことで、年齢や薬、健康状態など、さまざまな要因によって影響を受けます。眼圧を下げ、目へのダメージを防ぐ治療法には、生活習慣の改善、薬物療法、レーザー療法、手術があります。

生活習慣の改善は、早い段階で気づけば、眼圧を調整し、低下させるのに役立つ場合があります。例えば、塩分、カフェイン、アルコール、タバコの摂取量を減らす、ストレスレベルを管理する、日中の睡眠を避ける、1日中水をたくさん飲む、ビタミンAが豊富な健康的な食事をする、ウォーキングやジョギングなど定期的に体を動かして体の循環を良くする、通常のコンタクトスポーツや目を傷つける危険性のある活動中は保護眼鏡を着用する、などが挙げられます。

眼圧上昇の治療に使用される薬には、β遮断薬などの処方箋付き点眼薬があり、目に入る大量の液体を閉じ込める受容体をブロックすることで作用します。プロスタグランジンアナログもよく処方され、目の周りの筋肉をリラックスさせることで、必要な体液の流出を妨げている目の周りの筋肉をより容易にすることができます。

レーザー治療は、余分な組織を焼くことによって新しい排水経路を作り出し、目の層間に溜まった液体を排出する塞がった経路を開くことができるため、この症状の治療に使用することも可能です。これは、本質的に、これらの領域内の正常な圧力を再び安全に流出させるための増加した能力をもたらすでしょうし、常に未処置のまま放置した場合、数週間、数ヶ月、あるいは数年にわたる長期の間に危険なレベルまで制御されない高拡張に関連するさらなるリスクを軽減します。

また、このような場合にも、「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」……といった具合に、「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」を繰り返すと、「痒いところに手が届く」が解消されます!

眼圧を下げるための生活習慣の改善

眼圧とは、房水の生成と排出の間に不均衡があるときに発生する目の中の液体の圧力のことです。眼圧が高くなりすぎると、視神経を損傷し、視力が低下することがあります。幸い、眼圧を自然に下げるために、生活習慣を改善することができます。

食事です。また、赤身の肉はコレステロール値を上昇させ、目に負担をかけるので、控えたほうがよいでしょう。

ストレスの管理。ストレスは、目の周りの筋肉の緊張を引き起こし、目の収縮を引き起こすため、眼圧上昇の主な原因の1つとなっています。ストレスレベルを下げるには、深呼吸やマインドフルネス瞑想など、心身ともにリラックスできる方法を実践するとよいでしょう。

運動する。定期的な運動は、ストレスを軽減するだけでなく、体全体の血液循環を良くします。これにより、目の周りの繊細な組織に多くの酸素と栄養が供給され、眼圧上昇の原因となる炎症が抑えられます。まだ運動をしていない方は、週に6日、30分程度のウォーキングやジョギングをしましょう(会話ができる程度の強度が必要です)。

正しい衛生習慣を身につける 眼を触ったりこすったりして刺激を与えたり、コンタクトレンズやレンズ液などの期限切れの製品を使用すると、感染症やアレルギー反応を引き起こし、さらに炎症を起こして眼圧を上昇させる可能性があるため、正しい衛生習慣が必要です。 また、コンタクトレンズを使用するたびに新しい溶液で適切に洗浄し、使用期限が近づいたら速やかに交換するようにすると、眼圧を自然に管理する上で最良の結果が得られます。

おわりに

結論として、眼圧を下げることは、緑内障による視野の後遺症を防ぐために重要なことです。薬物療法や手術も選択肢の一つですが、眼圧の上昇を抑えるために実施できる生活習慣の改善もあります。例えば、ナトリウムや脂肪の少ない健康的な食事を心がけ、ヨガや適度な有酸素運動などの運動習慣を増やし、ストレスを軽減させることが大切です。

緑内障と診断された方や、眼圧上昇の危険因子をお持ちの方は、眼科医の処方による定期的な眼科検診をお勧めします。さらに、十分な量の水を飲み、カフェインの摂取を控えることも、眼圧を維持するのに役立ちます。眼圧を管理するための予防措置を講じることは、長期的な視野の健康を維持するための重要な対策となります。

コメント