靴の臭いを消す方法

靴の臭いを消す方法 洗濯、クリーニング
靴の臭いを消す方法
この記事は約7分で読めます。

臭い靴、なくなれ! 靴の臭いを消す簡単な方法を探しているなら、あなたは正しい場所に来ています。このブログでは、靴を買った時のような新鮮な香りにするための、私が試した方法をご紹介します。それでは、さっそく始めましょう!

はじめに

靴のニオイって気になりますよね。 靴の臭いは、恥ずかしくてなかなか取れないものです。幸いなことに、靴をリフレッシュし、その厄介な臭いを取り除くために使用できるさまざまな救済策があります。このガイドでは、バクテリアによるものか、単に通気性の悪さによるものかを問わず、靴を適切にクリーニングし、より長く新鮮な香りを保つためのヒントをいくつか紹介します。さらに、靴の臭いを予防するためのヒントも紹介します。

靴の匂いの原因

靴の臭いは、多くの人が直面する共通の問題です。不快な足の臭いは、足や靴の内側に溜まった細菌、汗、汚れによって引き起こされます。皮膚の表面に付着した細菌は、靴の中の素材をさらに劣化させ、臭いを除去しにくくします。 湿気の多い環境は細菌の繁殖を促進し、靴の臭いを悪化させることが知られています。

また、靴を長時間履いたまま乾燥させないことも、臭いの原因となり、足を不快にさせます。汗をかいた靴下、ぴったりした靴、つま先が詰まっている靴、通気性の悪い靴で運動した場合なども、靴の臭いの原因となります。 最後に、特定の靴の製造に使用される素材は、特定の臭いを保持する傾向があります。 合成素材、革、スエードから作られた靴は、自然の対応よりも細菌の蓄積の影響を受けやすくなっています。

靴の臭いを消すための家庭用対策

あなたのお出かけ靴が臭い始めているときは、どんなに芳香剤で悪臭を消すことができません。そのため、このようなことが起こるのです。靴の臭いを取り除くことができるいくつかの家庭の治療法があり、より長い期間、足に優しい靴を楽しむことができます。

靴の臭いを消すのに一番良い方法の一つは、重曹を使うことです。靴の中に重曹を入れ、一晩置くと、湿気と臭いを吸収してくれます。朝、粉を振って、必要なら靴の中に少し香りを吹きかけます。

もっと手っ取り早く済ませたいなら、ウェットティッシュやメイクアップワイプを試してみてください。これらは、湿気を吸収すると同時に、臭い匂いの原因となるバクテリアや汗を除去します。ただし、香水などの香りが付いていると、爽やかさに欠けるので、無香料のウェットティッシュを使用するようにしましょう。

自然な方法で臭いスニーカーやローファーに十分でない場合は、特に靴や衣類の消臭のために設計された酵素クリーナーを使用してみることもできます。これらの微生物は、きつい化学薬品や毒素を使わずに、不快な臭いの原因となるバクテリアを食べてしまうので、枯草菌(Bacillus Licheniformis)を含む製品を探してみてください。靴の内側にスプレーした後は、空気乾燥させてから再び履いてください。

靴の臭いを消し去るには、時間と労力がかかるかもしれませんが、根気よく続ければ、きっとその甲斐がありますよ。

靴の臭いを消す天然消臭剤

靴の臭いを軽減するための自然な消臭剤が家庭にはたくさんあります。重曹からテニスボールまで、靴を新鮮な香りに保つために誰でも使える自然療法をいくつか紹介します。

ベーキング・ソーダ。重曹は、カビ臭い靴や靴下の臭いを取り除くのに効果的です。靴の中に振りかけ、数時間放置した後、振り落とし、自然乾燥させます。

酢 臭いの元となるバクテリアを除去するために、靴を殺菌する効果的な方法です。1部の酢と2部の水を混ぜ、スプレーボトルの中に入れて、靴の中に吹きかけます。一晩置いてから、翌日湿らせた布で拭き取ります。

エッセンシャルオイル ラベンダー、ティーツリーオイル、ユーカリなどのエッセンシャルオイルは、臭いの元となるバクテリアを殺すだけでなく、さわやかな香りをプラスしてくれる優れものです。スプレーボトルに好きなエッセンシャルオイルを6~8滴ほど入れ、水と一緒に靴に吹きかけ、使用前にスプレーします。

靴を凍らせる ゴム靴や革靴をビニール袋に入れて、冷凍庫に一晩入れておきます。靴の素材を傷めることなく、冷たい温度でほとんどの臭いの元となるバクテリアを殺すことができます。

ドライヤーシート。使用済みのドライヤーシート(または新しいもの)を臭いのついたブーツやスニーカーに入れると、臭いを素早く吸収し、洗濯したてのような軽い香りを残すことができます。一晩中履かないときは、靴の中に1枚ずつ入れておくと効果的です。 テニスボール 古いテニスボールを切って(または新しいものを買って!)臭いブーツやサンダルに詰めると、余分な水分を吸収し、消臭効果もあります!

靴の洗濯とクリーニングで消臭

靴についた嫌な臭いを消すには、定期的に靴のクリーニングをすることが大切です。湿った布で靴の外側を洗うと、悪臭の原因となる汚れや油分などを取り除くことができ、見た目の美しさも保たれます。また、靴の内側はブラシでこすって汚れや細菌を取り除き、よく乾かしてから再び履くようにしましょう。

スニーカーやキャンバス地のローファーなどの布製の靴は、メッシュのランドリーバッグに入れ、洗濯機で通常の設定または手洗いで洗うとよいでしょう。革靴の場合は、湿らせた布か専用の革用クリーナーを使用してください。靴のペアを洗濯機で洗う前に、靴の内側のラベルの洗浄指示を確認します-これらはほとんど良い洗浄方法を保証し、不要な収縮や染色を避けることができます。その他のヒントとしては、臭いを吸収するエージェントとして重曹を使用するか、細菌を分解するのに役立ちますが、完全に乾燥すると後ろに残らない白酢で靴の中をきれいにすることです。

靴を履くときは、湿気によるバクテリアやカビを引き寄せる臭いが発生しないよう、乾燥させ、風通しを良くする必要があります。吸水速乾素材のシューライナーや抗菌素材のインソールを使用することで、足をドライに保ち、靴の中の汗による悪臭を防ぐことができます。足を温水で頻繁に洗い、靴を交互に履いて空気を入れ替えることで、足を清潔に保つことができます。

プロによる靴のクリーニングと除菌

靴の専門的なクリーニングと除菌 靴の臭いが本当に頑固な場合は、プロの靴の洗浄と修理サービスの助けを求めることが最良のコースでしょう。運動靴からドレスシューズまで、あらゆる種類の靴に対応します。靴の中敷き、靴ひも、ベロの部分など、靴のあらゆる部分をディープクリーニングすることができます。 酵素石鹸で靴の汚れを落とし、強力な抗菌剤で足の裏に残った雑菌や臭いを退治する除菌洗浄を行います。

さらに、足から分泌されるしつこいニオイホルモンに作用する強力な洗浄剤を併用し、ニオイを除去します。最後に芳香剤でさらに消臭・防臭します。

靴の臭いを予防する方法

靴の臭いを予防・軽減するためには、いくつかの方法があります。まず、履くたびに、靴をきちんと掃除して保管することが大切です。可能であれば、湿らせた布やブラシで靴の外側の汚れやゴミを払い落とします。中敷きは取り外して、着用と着用の間に洗濯または干すようにしてください。

次に、防臭加工された高品質のインソールを購入し、できれば毎日交換することが重要です。インソールは定期的に洗浄し、洗濯機の弱水流で洗い、直射日光を避けながら自然乾燥させることをお勧めします。

また、靴下や靴を履く前に足が乾いていることを確認し、可能な限り靴を連日履かないようにし、靴の裏地に臭いの元となるバクテリアを殺す抗菌液をスプレーし、必要に応じて擦り減ったヒールやソールを交換し、サポート力を高め、消臭靴粉や汗やバクテリアによる臭いを吸収する活性炭を含む製品などの靴臭専用のスプレーを使ってみてください

おわりに

靴の臭いを消すには、予防が一番の防御になります。サンダルやつま先の開いた靴を履いていても、靴下を履き、毎日清潔な靴下を使用するようにしましょう。スニーカー、サンダル、パンプスなど、毎日違うタイプの靴を履いて足の環境を変え、1足の靴を酷使して汗が靴に集中しないようにしましょう。靴の臭いを防ぐには、足を清潔に保つことも重要です。

毎日足を洗い、洗った後はその都度フットパウダーで水分を吸収させましょう。 それでも靴の臭いが気になる場合は、活性炭や重曹を入れた消臭袋をかぶせる、エッセンシャルオイルを染み込ませたスポンジを靴の中に入れる、消臭効果のあるスプレーを使うなど、より抜本的な対策をとる必要があるかもしれません。どの方法でも、定期的なお手入れを心がけてください。一度だけして、もう触らない!というのではなく、靴の臭いが気にならなくなるまで、繰り返し行ってください。

コメント