赤ちゃんにゲップさせる方法

赤ちゃんにゲップさせる方法 子育て、出産
赤ちゃんにゲップさせる方法
この記事は約7分で読めます。

あなたは新しい親で、かわいい子供の世話をするためのインとアウトを学んだばかりですか?そんなことはありません。こんにちは、ご両親と介護者の皆さん。このページでは、赤ちゃんが満足できるようなベストなゲップの出し方をご紹介します。さあ、はじめましょう!

はじめに

赤ちゃんのゲップ(げっぷ)とは?
赤ちゃんのゲップは、不快感の原因となる胃の中の気泡を取り除くために必要なことがよくあります。ゲップは重要ですが、赤ちゃんにその方法を教えるには、練習と忍耐が必要かもしれません。

このステップを踏んだり、経験豊かな親からのアドバイスを学んだりすることで、赤ちゃんがゲップに慣れ、次からは楽にできるようになります。すべての赤ちゃんが同じように反応するわけではないことも覚えておきましょう。

げっぷとは

げっぷは、赤ちゃんの消化にとって重要なものです。授乳中に飲み込んだ空気を吐き出し、不快な胃の中のガスを取り除くのに役立ちます。また、授乳後、胃に食べ物を入れる十分なスペースを確保するためにも必要なステップである。

ゲップのやり方は、赤ちゃんを直立させた状態で、背中をやさしくなでる、またはさするというものです。授乳後、数分おきに、あるいは赤ちゃんが不快そうにしているときに行います。ひざの上に立たせる、おなかの上に寝かせてやさしくさする、座らせて胸とあごを手で支えながらやさしくさするなど、やり方はさまざまで、多くの親が自分なりの工夫をしているようです。もし赤ちゃんがぐずったら、一旦休憩してから再開しましょう。

ゲップを成功させるためには、いろいろな方法を試してみて、自分たちに合った方法を見つけることが大切です。空気を抜くことは、お子さんが食事の時間を安全かつ快適に過ごせるようにするためでもあります。

げっぷの効果

赤ちゃんが食事をした後にげっぷをさせることは、食事の習慣の中で大切なことです。ガスを抜き、不快感を軽減するのに役立つと考えられています。安全で優しい抱っこで行うげっぷは、赤ちゃんを落ち着かせ、授乳後の眠りを浅くすることさえあります。さらに、げっぷは疝痛や嘔吐、胃酸の逆流を引き起こす可能性を減らすのにも役立ちます。

新米ママにとって、赤ちゃんにストレスを与えず、事故を起こさずに、適切にげっぷをさせることは難しいことかもしれません。不適切なげっぷは、吐き戻しや悪化につながる可能性があります。このような理由から、ゲップをさせる前に、正しい方法を理解しておくことが大切なのです。赤ちゃんによってやり方が違うので、より効果的な方法もあります。最も一般的な方法は、膝の上に直立して背中をたたく、肩にかける、膝の上に半身を乗せる、膝の上に横になって背中を上下に優しくさする、などです。

げっぷをさせるタイミング

赤ちゃんへのげっぷは、胃酸の逆流やその他の不快感を避けるために、授乳の重要な部分です。赤ちゃんは、少量ずつ頻繁に授乳する初期には、より頻繁にげっぷをさせる必要があります。しかし、成長するにつれて、授乳を我慢する時間が長くなり、ガスの発生が少なくなるため、ゲップの回数は少なくなります。

一般的には、哺乳瓶でミルクを与えているときは2~3オンスごとに、母乳を与えているときは30分ごとに、ゲップを出すようにしましょう。中には、もっと頻繁に(あるいはもっと少なく)げっぷをさせる必要があると感じるお母さんもいるかもしれません。正確さを求める必要はありません。赤ちゃんの成長と発達に合わせ、母性本能に従うようにしましょう。

赤ちゃんによって、上手なやり方は違います。もし、お子さんが正座して肩たたきをすることができない場合は、仰向けに寝かせるか、お腹を胸に乗せて、空気が抜けるまで背中をさすったり、叩いたりしてください。しかし、何度やっても出てこない場合は、もともとガスが溜まっていなかった可能性があります。

しかし、赤ちゃんはそれぞれ違うので、もしあなたの赤ちゃんがこれらの方法にうまく反応しなかったとしても、落ち込まないでください。

赤ちゃんのげっぷのさせ方

げっぷをさせることは、赤ちゃんの授乳の習慣の重要な一部です。授乳後の不快感やガスの痛みを和らげたり、嘔吐を防いだりするのに役立ちます。赤ちゃんがガスを放出し、唾液を少し増やして飲み込みやすくするために、いくつかのげっぷの仕方があります。ここでは、ゲップをさせるための簡単なコツをご紹介します。

  1. 座ったままの姿勢で赤ちゃんの頭を支え、背中をやさしくなでたり、円を描くようにさすったりします。
  2. 膝の上に座らせるか、足を挟んでお腹を休ませながら、赤ちゃんを優しく揺らしてみましょう。
  3. 必要に応じて、家の中を歩き回ったり、赤ちゃんを抱っこしたり揺らしたりして、体勢を変える。
  4. ゲップをさせるときは、やさしく、でもしっかりと圧力をかけてください。圧力が強すぎると、赤ちゃんがリラックスして空気を抜くのが難しくなります。
  5. 授乳の間隔を一定に保ち、すぐに規則正しいゲップの習慣を身につけられるようにしましょう。
  6. この時間を親子の絆を深める時間にしましょう。優しく話しかけると、リラックスして、こもった空気が早く抜けるようになります。
  7. 常に時計に注意を払いましょう。一度に10分以上のげっぷは必要ないかもしれませんが、お互いにイライラしてしまうかもしれません。

一般的なげっぷの姿勢

赤ちゃんをげっぷさせるときは、効果的にげっぷさせるために、正しい姿勢をとらせながら、優しく支え、安全にすることが大切です。ゲップを成功させるのに役立つ、一般的なゲップの姿勢がいくつかあります。これらの体位は、健常な赤ちゃんでも使えるものもあれば、脳性まひや筋肉に問題のある赤ちゃんなど、運動機能に障害のある赤ちゃんには、より多くの補助が必要なものもあります。ここでは、最も人気があり、効果的なげっぷの姿勢をいくつかご紹介します。

  1. 伝統的な方法。膝の上に正座させ、片方の手で赤ちゃんの胸と頭を支えます。手は肩甲骨の間に置くと効果的です。
  2. フットボールホールド:赤ちゃんの首と頭を腕に当て、片方の手で赤ちゃんの体の両側を支える。
  3. テーブルトップ。テーブルトップ:フットボールホールドと似ていますが、テーブルの上など平らな場所に赤ちゃんを置き、自分はその横に立つか膝をついて、赤ちゃんの体幹を支えます。
  4. オーバーヘッド・バープ オーバーヘッドスローのプチバージョンで、赤ちゃんを両手で抱え、頭の上に上げて重力を利用する方法です。
  5. サンドウィッチバープポジション。伝統的な座位姿勢の補助バージョンで、赤ちゃんを両手でしっかりと挟み、頭をお腹の高さよりも少し高く保つ。
  6. クロス・クレードル・ポジション。片方の腕を赤ちゃんのお尻の下で交差させ、もう片方の腕で赤ちゃんの頭を包み込むようにしながら、ゆっくりとお座りの姿勢にする方法です。
  7. ベビージムを使ったり、赤ちゃんを膝や枕の上に腹ばいにして座らせるなど、あまり一般的ではない方法も効果的なげっぷの出し方として、移動に困難がある赤ちゃんや特別なニーズを持つ赤ちゃんがよく好みます。

赤ちゃんをあやすときのコツ

赤ちゃんをあやすときのコツは? 授乳中に赤ちゃんをあやすことは、いくつかの理由で重要です。ガスや膨満感から解放されるだけでなく、吐き戻しや嘔吐を防ぐのにも役立ちます。赤ちゃんは、ミルクや母乳を2~3オンス飲むごとに、少なくとも1回はげっぷをさせることが推奨されています。 ゲップをさせるためのコツは以下のとおりです。

-授乳後、眠っている赤ちゃんをすぐに寝かせないで、まずげっぷをさせる必要があります。

-まず、赤ちゃんの背中の肩甲骨の間をやさしくなでることから始めます。 そうすることで、ママも赤ちゃんもリラックスでき、赤ちゃんも落ち着きます。

-それでもうまくいかない場合は、膝の上に顔をもたせかけ、片手で赤ちゃんの胸を支え、もう片方の手で背中をやさしくたたいてみましょう。

-PATがうまくいかない場合は、椅子に座る位置を変えてみるのもよいでしょう。まず直立し、次に45度の角度で前傾し、最後にさらに90度まで前傾して(ほぼ下向きになります)。

-ゲップをするときは、常に片手を赤ちゃんの胸に添えておくと、安全で安心です。

げっぷのトラブルシューティング

赤ちゃんのげっぷは、特に新米パパママにとって難しいものです。ほとんどの母乳育児の赤ちゃんは、授乳中に少なくとも1回はげっぷをさせる必要があり、多くの赤ちゃんは何度もげっぷをさせる必要があります。赤ちゃんがゲップに問題を抱えているような場合は、次のトラブルシューティングのヒントを試してみてください。

体勢を整える。授乳のたびに、赤ちゃんを自分の肩にまっすぐ抱っこして、げっぷをさせます。お腹をやさしく圧迫することで、こもった空気を外に出すことができます。また、膝に抱っこして、お腹を自分の太ももや手に当てて、前方に傾けてみるのもよいでしょう。また、赤ちゃんを膝の上に座らせ、片手で支えながらげっぷをさせるのも効果的です。

圧迫する。片方の手をおへその上に、もう片方の手をおへその下に添えて、おなかをやさしく圧迫します。あまり強く押しすぎると、不快感や痛みを感じることがあるので注意しましょう。

我慢すること ゲップをさせるときは、根気よく続けることが大切です。赤ちゃんによっては時間がかかることもあるので、すぐにゲップが出なくてもイライラせずに、二人にとって一番良い方法を見つけるまで、いろいろな姿勢を試してみましょう。

コメント