車の傷を消す方法

車の傷を消す方法 自動車
車の傷を消す方法
この記事は約6分で読めます。

車にキズがついてしまっても大丈夫! このブログでは、車を最初から傷がなかったかのように見せる方法を紹介します。

はじめに

車のお手入れは、どんな人でも大切です。
車の手入れは、メーカーやモデルに関係なく重要です。これは、その価値を保護し、外見を美しく保つのに役立ちます。残念なことに、人生はあなたの車に負担をかけ、時にはその外観を損なうような見苦しい傷を残してしまうことがあります。ショッピング・カート、鍵、一般的な消耗品など、小さな傷は見苦しく、時には取り除くのが困難な場合があります。幸いなことに、専門家に依頼しなくても、擦り傷を修復できる方法があります。このガイドでは、いくつかのヒントとトリックを紹介します。

なぜ傷ができるのか

自動車の塗装に傷や欠けが生じるのは、さまざまな理由があります。通常の磨耗や損傷、環境による表面の攪拌、動物や個人による損傷などは、考えられる原因のほんの一例です。何が原因であれ、車の美しさと価値を維持するためには、患部を適切に補修することが不可欠です。

ひっかき傷は最も一般的な損傷のひとつで、放置するとより大きな損傷を引き起こす可能性があります。 車の傷の程度は様々です。クリアコートを貫通しただけの傷もあれば、何層にも渡って素地まで貫通している傷もあります。薄いキズであれば、時間をかけずに修復することも可能ですが、何度も何度も時間をかけて、専用の道具を使い、納得のいくまで修復しなければならないものもあります。

傷の大きさや深さを確認した上で、適切な処置を行うことが重要です。自動車の仕上げを元の状態に正しく戻すには、修理中にすべてのスタイルと塗装の層に対処することが不可欠です。

傷の種類

車の傷の除去に関しては、傷の種類によってプロセスが決定されます。例えば、軽い傷と深い傷では、異なるアプローチが必要になります。このように、車には大きく分けて4つのタイプの傷があります。どのタイプの傷かを理解することで、修理方法や専門家の助けを求めるべきかどうかを判断することができます。

  1. 軽いキズ – これらは、実際に物が車の塗装を引っ掻くのではなく、指の動きによって引き起こされることがよくあります。軽い傷は塗装に深く入り込まないため、軽い研磨で元の外観に戻すことができます。
  2. 深い傷:鍵やペットの爪など、より深く鋭いものによって引き起こされることが多く、通常、取り除くためには硬い研磨剤とサンドペーパーが必要です。サンドペーパーのような粗い素材を使用する場合は、力を入れすぎると傷がついてしまうので注意が必要です。
  3. クリアコートの傷 – クリアコートの傷が車の表面に現れ始めたら、無視するとすぐに塗装全体に広がってしまうので、すぐに注意を払うようにしてください。クリアコートの傷を消すには、コンパウンドとポリッシングパッドが必要で、元の外観と感触を取り戻します。
  4. ブリーディングペイントスクラッチ – これは、水分が車の外側から吸収し始めた塗装に十分深く入ってしまった傷を指します。これは、すぐに修正しなければ、時間とともに大きくなり修理が難しくなる内部錆びを引き起こします これは信頼できる専門家が必要です!

DIYでキズを消す

! このような場合は、「DIYで傷を消す」ことをおすすめします。 しかし、DIYの傷取りは、軽くて浅い傷にのみ試みるべきであるということを覚えておくことが重要です。 最初のステップは、患部を石鹸と水で洗い、表面をやさしく乾かすことです。汚れが落ちたら、清潔な柔らかい布か電動バッファーがあればそれを使って、円を描くように傷のある部分にコンパウンドを塗ります。コンパウンドを塗布した後、汚れやシミがすべて取り除かれたら、その部分を目視で確認します。結果に満足したら、通常通りワックスがけをしてください。

まだ目に見える傷がある場合は、このステップを繰り返しますが、今回はコンパウンドの代わりにバフィングペーストを使用します。このペーストはコンパウンドよりも細かいので、塗装にダメージを与えることなく、より徹底的にスクラッチを除去することができます。満足のいく結果が得られたら、ワックスがけの時間です。 DIYでキズを消すにせよ、自動車ショップでプロの手を借りるにせよ、愛車の塗装をきちんとケアしているかどうか、定期的な洗車とワックスがけで、新車のような光沢を保ちましょう!

プロによる傷の除去

プロによる傷の除去は、専用のツールと製品を使用して、塗装や下地を傷つけずに車の傷を消すプロセスです。これは、さまざまな種類の自動車ボディ素材に関する深い知識を持つ、訓練を受けた専門家によって行わなければならない、困難で時間のかかる仕事です。プロのキズ取りサービスには、サンディング、バフがけ、キズ部分を完全にカバーするための再塗装が含まれることが多いです。

中程度の傷の場合、プロの技術者はまずその部分を評価し、塗装や下地にこれ以上ダメージを与えずに傷を取り除くための具体的な治療法を選びます。多くの場合、ウェットサンディングと研磨剤入りのポリッシュやコンパウンドを組み合わせて、塗装の不完全な部分や変色をバフがけで取り除きます。また、水平に仕上げるために、傷の奥深くから穴を開けるなど、より積極的な方法を選択することもあります。

予防のためのヒント

昔からよく言われるように、「傷」は「傷」です。
古い格言にあるように、1オンスの予防は1ポンドの治療の価値があります。特定の手順を踏むことで、車の塗装が傷つく可能性を減らすことができます。これらのヒントを考えてみましょう。

-ワックスの層は、道路の破片、スプリアスなどによる小さな傷から車を保護します。
-汚れ、キーホルダー、その他表面を傷つける可能性のあるものを車の塗装に近づけないようにしてください。
-紫外線による塗装の劣化を防ぐため、直射日光を避け、日陰に駐車してください。
-狭い場所を避け、スピードバンプや縁石を越えるときは急旋回をしないなど、擦り傷によるダメージを避けるための対策をとってください。

コストの検討

あなたの車から傷を取り除く作業を始める前に、作業を完了するために必要な材料や消耗品のコストに見合うかどうかを検討してください。もし、ラビングコンパウンドやバッファーパッドなどの新しい材料を購入する必要がある場合は、これらのアイテムが追加される可能性があります。高級なものを買えば必ず良い結果が得られるというわけではなく、機能よりも価値で選ぶことが大切です。一度にいくつかの小さな傷に取り組んでいる場合、小さなタッチアップを容易にし、コストを削減することができるブラシや泡アプリケータが付属しているオプションを検討してください。

一度にいくつかの小さな傷に取り組んでいる場合、小さなタッチアップを容易にし、コストを削減することができるブラシや泡アプリケータが付属しているオプションを検討してください。また、傷を修復するためにどれくらいの時間が必要かを判断することも賢明です。

おわりに

車の塗装から傷を取り除くのは難しいことではありませんが、正しい材料を使い、一定の手順を踏む必要があります。どのような種類の傷を扱っているのかを理解し、それを取り除くための正しい方法と配合を選択できるようにする必要があります。

まず、クリーナーワックスやラビングコンパウンドで、ほこりや汚れ、ゴミを取り除くことから始めます。きれいになって乾いたら、傷の深さを確認します。浅い傷の場合は、ポリッシュペーストと一緒にマシンポリッシャーを使って表面をバフがけし、車本来の光沢を取り戻すことができます。塗装の奥まで入り込んだ深刻な傷の場合は、タッチアップペイントや自動車用スプレー塗料、クリアコートシーラーを使用する必要があるかもしれません。

最後に、研磨剤のような刺激の強い化学物質を扱うときは、必ず保護手袋を使用することを忘れないようにしましょう。適切なケアとメンテナンスを行えば、車のボディワークの外的ダメージを軽減したり、なくしたりすることができます。

コメント