卵の保存方法

卵の保存方法 料理、食材
卵の保存方法
この記事は約7分で読めます。

卵は万能でおいしい食材ですが、正しいテクニックを使えば、数週間、あるいは数ヶ月と長持ちさせられることをご存知でしょうか?このブログ記事では、必要なときにいつでも卵を手に入れられるように、卵の保存方法についてご紹介します!

はじめに

卵の保存は食卓の重要な一部です。
卵は生鮮食品であり、適切な処理と保存を行わないと食中毒を引き起こす可能性があるため、卵の保存は食品衛生の重要な部分です。 卵を保存する方法はいくつかありますが、このガイドでは、冷蔵と冷凍という2つの長期的な選択肢に焦点を当てます。卵を安全に美味しく食べるためには、それぞれの工程を知ることが大切です。 このガイドでは、それぞれの方法をいつ使うのがベストなのか、また、使用前と使用後の正しい保存方法と処理方法について説明します。これらを参考に、新鮮な卵を使った料理を安心して作ってください。

卵の保存の利点

卵を保存することは、多くの利点があります。適切に保存された卵は1年間保存することができ、食品廃棄物を大幅に削減し、新鮮な卵を定期的に購入するのに比べ、時間とお金を節約することができます。また、新鮮な卵を手に入れることが難しい場合でも、高品質のタンパク質、必須脂肪酸、必須ビタミン、必須ミネラルを確実に摂取することができます。

さらに、保存卵は、品質や栄養価を損なうことなく、ダニやサルモネラ菌などの虫が卵に入るのを防ぐ方法で調理されています。また、冷蔵する必要がないため、新鮮な卵よりも簡単に調理することができます。さらに、保存卵はすぐに新しい食材を購入する必要がないため、家計の心配もなく、限られた予算で生活している人や、食費をもっと増やしたい人にとっても有益です。

卵の保存方法の種類

卵は貴重な栄養源であり、様々なレシピに使用されています。卵の保存は、賞味期限を大幅に延ばすことができるため、将来のために保存しておくとよいでしょう。

卵の保存方法には、漬ける、油に漬ける、乾燥させる、ゆでる、冷凍するなどの方法があります。酢漬けは、酢や香辛料などに卵を漬けて保存する有効な方法です。また、油漬けも卵の品質と風味を保ち、腐敗を防ぐのに有効な方法です。 卵を乾燥させるのも保存方法のひとつで、生卵の水分を脱水して長持ちさせる方法です。この方法は、適切な設備があれば数日かかりますが、材料を追加することなく家庭で卵を保存するのに有効な方法です。

ゆで卵は、沸騰したお湯に卵を数分間浸し、完全に冷ましてから保存するか、すぐに食べるという人気の方法です。 最後に、卵を冷凍保存することで、賞味期限を延長し、鮮度を保つことができます。気密性の高い容器や袋に入れ、冷凍庫で適切に保管すれば、生卵や調理済みの冷凍卵は通常1年程度はもちます。 自分の鶏から採った新鮮な卵を保存する場合でも、地元の食料品店などの外部から購入する場合でも、さまざまな卵の保存方法を理解しておけば、一年中どんなレシピや食事計画にも対応できる在庫を常に持っておくことができます。

冷蔵庫を使った卵の保存方法

卵は人気のある万能食品です。 卵は多くのレシピに登場する、人気のある万能食材です。卵を最大限に活用するには、適切な保存方法を知っておくことが重要です。冷蔵は卵を保存する最も一般的で効果的な方法ですが、鮮度と安全性を最大限に保つために、いくつかの重要なステップを踏む必要があります。

ここでは、卵の冷蔵庫での保存についてご紹介します。

– 生卵は元の容器に入れ、他の匂いを吸わないようにします。生卵の臭いを防ぐことができます。また、細菌汚染や破損を防ぐことができます。

– 卵を段ボール箱やプラスチックトレイに入れたまま、冷蔵庫の棚に置いてください。そうすることで、卵の温度を一定に保つことができ、より長く新鮮な状態で保存することができます。

– 冷蔵庫の温度が0~4℃に設定されていることを確認してください。温度が低いと、細菌やカビの繁殖による腐敗を遅らせることができます。食品の安全性について疑問がある場合は、慎重に判断し、疑わしい食品(卵を含む)は廃棄してください。

– 冷蔵庫に入れる前に卵を洗うと、かえって細菌が繁殖しやすくなり、早く腐敗してしまいます。使うときになってから流水で洗ってください。

– 卵は購入してから3週間以内に使い切るようにしましょう。卵のパックに記載されている賞味期限を確認するか、なるべくこの期間が過ぎないうちに新鮮なものを購入することをおすすめします。食品廃棄は環境に悪いだけでなく、私たちの懐にも直接影響を与えるので、食品の賞味期限切れや消費期限切れに注意することが重要です。

冷凍による卵の保存方法

冷凍による卵の保存方法は、卵を保存するのに最適な方法です。
卵を冷凍保存することで、賞味期限を最大6ヶ月まで延ばすことができます。ここでは、その方法を簡単にご紹介します。

  1. まず、生卵をガラス製の容器に入れます。小さなメイソンジャーやプラスチック製の容器でもかまいません。
  2. 容器に日付と卵の数を書いたラベルを貼る。そのまま食べるのではなく、レシピに使用する場合は特に重要です。
  3. 冷凍庫に入れ、6時間以上放置した後、別の容器に移し替えて冷凍庫で長期保存する。
  4. 凍った卵を使うときは、冷蔵庫で一晩かけて解凍するか、卵の入った容器を常温の水に浸けて解凍します(1回の解凍にかかる時間は30分以内)。
  5. 解凍後は、生卵と同じようにすぐにお使いください(オムレツやブラウニーなどのレシピに)。 冷凍すると、食感など卵の性質が変わってしまいますが、以下の方法で保存すれば、新鮮な卵を使ったおいしいレシピを6ヶ月間楽しむことができます。

乾燥によるたまごの保存方法

乾燥による卵の保存は何世紀も前から行われている方法で、卵に含まれる水分をほとんど取り除いて保存期間を延ばします。卵の乾燥は、卵、塩や砂糖などの卵乾燥剤、そして空気だけでできる簡単な方法です。

この方法で卵を保存するには

1. 卵黄と卵白を分ける。

2. ペーパータオルかワックスペーパーの上に卵黄を置き、卵黄の両側に小さじ1杯の卵乾燥剤を加え、指で均等に広げ、卵黄のすべての部分に塩か砂糖が行き渡るようにします。

3. パーチメント紙を敷いたトレイまたはクッキングシートの上にすべてを置き、風通しのよい場所で完全に乾燥させる。ただし、熱くなりすぎないように注意してください!最大で24時間かかります。

4. 卵黄が完全に乾いたら、密閉容器に入れ、室温で9ヶ月間保存することができる。

5. 保存後の乾燥卵黄を使用するには、乾燥卵黄粉末大さじ1に対してぬるま湯大さじ2を加え、クリーム状になるまで混ぜ合わせ、通常の生卵黄と同じように使用します。

漬け物による卵の保存方法

卵を漬けることは、卵の賞味期限を延ばし、数週間まで持たせる簡単な方法です。漬け卵は通常、酢と水、そしてニンニクやコショウなどの調味料を入れた瓶や容器で保存します。酢は酸性環境を作る働きがあり、食中毒の原因となるバクテリアの繁殖を防ぐことができます。

家庭で卵を漬けるには、まず1ダースの卵を沸騰したお湯で10分間、中まで火が通るまで固ゆでにします。十分に冷めたら、殻をむいておきます。次に、白酢またはリンゴ酢1カップ、砂糖小さじ4、塩小さじ1、にんにく2片(お好み)、黒胡椒大さじ1(お好み)でピクルス液を作ります。

大きめの瓶や蓋つきの容器に、ピクルス液を半分くらいまで入れる。皮をむいたゆで卵を1つずつ入れ、表面に塩水がかかるようにする。瓶の蓋を閉め、冷蔵庫で4週間ほど保存し、お召し上がりください。漬け込む時間が長いほど、味は濃くなります。使いたいときに必要な分だけ取り出せばOK!

卵の保存のコツ

卵の鮮度を保つには、正しく保存することが大切です。卵を何週間も新鮮に保つには、いくつかの簡単な方法があります。

まず、保存する前に卵をきれいな水で洗い、柔らかいブラシで汚れやゴミを落とします。卵の殻に割れやヒビなどのダメージがないことを確認してください。可能な限り、卵は入っていた箱の中に入れて保存してください。別の容器に移し替える場合は、段ボールなどの多孔性の素材で、直射日光や強い臭いを避け、涼しい環境で保管するようにしてください。

卵を冷蔵庫に入れるときは、必要なときまで一定の温度を保つことができるように、上の棚に置いてください。これにより、細菌の繁殖を最小限に抑えることができ、購入時期にもよりますが、最大5週間まで安全に保存することができます。室温の水を張ったボウルに卵を落とし、沈むようであれば問題ありませんが、浮くようであれば時間が経っていることになります。

卵を冷蔵保存する以外に、長期保存(1年以内)するために冷凍保存が必要な場合もあります。冷凍保存する場合は、卵を小さな容器に分けるか、生クリームや砂糖などの他の材料と混ぜてから、1つずつ冷凍してください。冷凍した卵は、冷蔵庫で一晩かけて解凍し、お好みでお使いください。

コメント