夜の咳を止める方法

夜の咳を止める方法 病気、症状
夜の咳を止める方法
この記事は約6分で読めます。

夜中にしつこい咳で目が覚めることはよくありませんか?何をしても治らないように感じますか?ご心配なく。私たちはあなたを応援します。このブログ記事では、夜間の咳に対抗するためのトップレメディーをご紹介します!これでようやく、あなたにふさわしい安眠を手に入れることができますよ!

はじめに

夜中に嵐のような咳をしていると、最高の体調を保つために必要な休息を取るのが難しくなることがあります。夜間の咳は、アレルギー、喘息、空気の乾燥、喫煙、感染症など、さまざまな原因によって起こります。咳は、ほこりや痰などの刺激物を排除し、肺に入るのを防ぐための体の働きです。幸いなことに、夜間の咳を止め、よく眠れるようにする方法がいくつかあります。

夜間の咳の原因

夜間の咳は、根本的な健康問題の兆候である可能性があり、真剣に考慮する必要があります。あなたの症状に応じて、夜間の咳の原因として、いくつかの可能性があります。 アレルギー。ペットのフケ、ダニ、カビなどのアレルゲンは、睡眠中に吸い込むと咳の引き金になることがあります。このような反応は、通常、空気を乾燥させ、寝室の空気の流れを制限する空調装置によって悪化する。 喘息と気管支炎 アレルギーやその他の呼吸器疾患によって気道に炎症や収縮が起こると、喉や胸の筋肉が締め付けられ、睡眠中に咳が出ることがあります。

また、喘息や気管支炎などでは、刺激に反応して粘液や痰が出るため、夜間に過剰な咳が出ることがあります。 窒息と閉塞性睡眠時無呼吸症候群。眠りにつくと筋肉が弛緩し、舌が喉の奥に入り込んで空気の流れが妨げられることがあります。これは閉塞性睡眠時無呼吸症候群と呼ばれ、窒息の原因となり、突然の咳の衝動で驚きのあまり目が覚めてしまうことがあります。 胃食道逆流症(GERD)。胃酸や食べかすが食道に逆流することで、喉が刺激され、夜中に激しい咳をすることがあります。

夜間の咳の徴候と症状について

夜間に発生する咳は、睡眠を妨げ、様々な症状を引き起こします。夜間の睡眠中や起床時に咳が出る場合、まず根本的な原因を特定することが大切です。一般的な原因としては、アレルギー、喘息、逆流、病気などが挙げられます。

他の徴候や症状に気づくことで、夜間の咳の原因を特定することができます。 夜間の咳の徴候・症状には、以下のようなものがあります。

-止まらない咳:通常、アレルギーや喘息に伴う咳が一晩中続くことがあります。

-喘鳴。喘息やCOPD(慢性閉塞性肺疾患)の症状である可能性があります。 -胸の圧迫感 喘息や何らかの理由で呼吸が困難な場合、胸が締め付けられるような感じがすることがあります。この締め付けにより、通常の呼吸がさらに困難になり、睡眠中に咳が出ることがあります。

-鼻汁が出る。鼻腔内出血:鼻からのどに粘液が垂れてくるもので、放置すると夜間の咳を誘発することがあります。

-酸の逆流(胸焼け)。 酸逆流:酸っぱい味や食後の不快な満腹感とともに、胸の焼けつくような痛みがあり、しばしば夜間の頻繁な咳を伴うことがあります。

夜間の咳のための自然療法

夜間の咳は不快で、睡眠を妨げることがありますが、刺激を減らし、緩和するために自然療法を使用して管理することができます。市販の薬は、しばしば一時的な緩和を提供しますが、咳が続くときは、自然治療と家庭療法を検討するとよいでしょう

夜間の咳に対する一般的な自然療法としては、蜂蜜やレモン汁を入れたお茶など温かい飲み物を飲む、蒸気を吸入する、就寝中の寝室の加湿、ユーカリエキス、ワイルドチェリーバーク、ジンジャールートなどのハーブの補給、塩水うがい、定期的な運動などが挙げられます。

また、花粉、ダニ、羽毛、ペットのフケなど咳の原因となるアレルギーや、煙、強い香りなどの刺激物を避けること、症状を悪化させる疲労に対処するために十分な休息をとることなど、夜間の咳の症状を軽減するのに役立つ生活習慣の改善もあります。夜間は仰向けではなく、体を起こした姿勢で寝て、喉の壁から楽に排水できるようにすること、部屋にほこりをためないようにして、刺激となる物質を最小限にすること、呼吸器の健康をサポートするビタミンA、C、Eを多く含むバランスのとれた食事をすること。

夜間の咳の回数を記録し、回数や時間の変化に気づくことが大切です。これらの治療法を試しても症状が改善されない場合は、医師に相談してください。

夜間の咳の市販薬

夜間の咳の症状を緩和する必要がある場合、市販薬(OTC)を服用することができます。これらの薬には、咳止めや去痰薬が含まれており、ラベルに記載されている指示に従って服用してください。咳止めは、咳の原因となる喉の神経を麻痺させることにより、夜間の咳の量を減らすのに役立ちます。去痰剤は、粘液の分泌物を薄め、咳き込みやすくする作用があります。

大人用に作られた一般用医薬品を、医師に相談せずに子供に飲ませないことが重要です。低年齢の患者さんや基礎疾患のある患者さんには、OTC薬を与える代わりに、生理食塩水の滴下や蒸気吸入など、他の治療法を医師から勧められることもあります。 また、薬で一時的に症状を緩和することはできても、夜間の咳の原因となる根本的な問題を治したり解決したりすることはできないことも理解しておく必要があります。

医師の診察を受けるべき場合

夜間の咳が風邪やインフルエンザに関連していると感じる場合は、2週間ほどで治るはずです。しかし、咳に次のような徴候や症状が伴う場合は、医療機関を受診したほうがよいでしょう。

-高熱(38度以上)が3日以上続く場合
-緑色または黄色の鼻汁
-息切れや呼吸困難
-原因不明の体重減少
-喘鳴(ぜんめい
-咳をすると痛む、または胸が痛い
-咳で血を吐く
-疲労感、脱力感、倦怠感の悪化

咳は、喘息、アレルギー、COPD(慢性閉塞性肺疾患)、肺炎、結核、癌などのより深刻な疾患の兆候である可能性もあることに注意が必要です。咳に加えて、これらの追加的な徴候や症状を経験した場合は、特に医師の診察を受けることが重要です。診断と治療計画を立てるために、胸部X線検査や呼吸機能検査などの追加検査を提案されるかもしれません。

夜間の咳の予防

夜間の咳を予防するために、いくつかの方法があります。まず、咳や喘ぎを誘発するような刺激物を排除し、家庭内の環境を整えることです。花粉や外気の汚れがひどいときは窓を閉め、室内での喫煙は避けましょう。ダニやペットのフケなども咳を誘発する可能性があるので、枕やマットレス、毛布などに専用のカバーを使用することも検討しましょう。掃除機やHEPAフィルター付きの掃除機で定期的に掃除し、できるだけ家の中を清潔に保つようにしましょう。

また、食生活やライフスタイルを見直すことも大切です。特定の食べ物を食べると、粘液が濃くなったり、酸の逆流が起こりやすくなり、夜中に咳が出ることがあります。このような場合は、その食べ物を避けるか、一日の早い時間に食べるようにしてください。アルコール飲料は脱水症状を引き起こし、喉の乾燥や睡眠中の咳の原因になることがありますので、就寝前には飲まないようにしましょう。ストレスや病気が睡眠の質に影響を与えることは理解できますが、心配事が続いて夜眠れない、息苦しいという場合は、睡眠中に息苦しくなる原因を理解するために、医師の専門的な助けを求めてください。

最後に、喘息の治療に使用されるいくつかの薬は、気道を狭める原因となる肺の炎症を長期にわたって抑えるため、夜間の咳を減らすのに役立つかもしれません。しかし、これらの薬には、個々の健康要件に基づいて副作用や禁忌があるため、医師の助言なしに自己判断で薬を始める前に医師に相談してください。

おわりに

結論として、夜間に咳が出る場合は、寝るときに頭を高くする、咳の原因となる誘因や刺激物を避ける、市販の咳止めを使う、加湿器を使用して喉を潤すなど、簡単な対処法を試してみてください。咳が続く場合は、医師の診察を受け、より詳しいアドバイスを受けるようにしましょう。咳の根本的な原因を解決し、その程度を軽くするために、医師からの指示には必ず従いましょう。これらのヒントに従うことで、夜間の咳から解放され、あなたやあなたの睡眠パートナーへの迷惑を軽減することができます。

コメント