冬の白菜の保存方法

冬の白菜の保存方法 料理、食材
冬の白菜の保存方法
この記事は約7分で読めます。

冬になると空気が冷たくなり、白菜をはじめとする冬野菜が豊富に出回るようになります。このシャキシャキとした健康的な野菜は、保存がきくので、冬の間中食べることができます。栄養価の高いこの野菜を買いだめし、白菜の保存方法を学んで、冬を乗り切りましょう!

はじめに

白菜は、別名「チンゲンサイ」「ナパキャベツ」とも呼ばれ、アブラナ科の食用野菜です。冷涼な気候で育ちやすいため、冬に収穫する野菜として人気があります。シャキシャキとした食感とマイルドな味わいが特徴で、どんな料理にもぴったりの歯ごたえをプラスしてくれます。冬から春にかけて、白菜のみずみずしさを楽しむには、適切な保存が必要です。

寒冷地での保存には準備が必要ですが、いくつかの簡単なステップを踏むことで、白菜の賞味期限を数ヶ月延ばすことができます。まず、白菜は黒い斑点のあるしなびたものよりも、しっかりとした頭を選ぶことから始めましょう。次に、しおれた葉を切り落とし、腐敗を早める可能性があるので廃棄します。葉は保存中に水分を保持し、冬の湿気の多い日に菌の繁殖を防ぐのに役立ちます。最後に、一頭ずつラップで包み、冷蔵庫で1~4℃の温度で保存します。

白菜を冬に保存するメリット

白菜の冬場の保存は、家庭の健康にも、野菜そのものの寿命にも、さまざまなメリットがあります。白菜は栄養豊富な万能作物で、様々な料理に使うことができます。食物繊維も豊富で、カルシウム、カリウム、ビタミンA、C、Kなどのビタミンやミネラルを含んでいます。

冬に白菜を保存することで、鮮度に影響する水分の損失を防ぎ、保存期間を大幅に延長することができます。また、適切に保存された野菜は、シャキシャキとした食感を保ち、栄養価を長く保つことができます。さらに、寒冷地で保存した野菜は、調理しても生で食べても、風味や食感をより長く維持することができます。また、保存状態が悪いために、冬の間、台所や食事で使う前に捨ててしまうこともないので、食品廃棄物を減らすことにもつながります。

白菜の選び方

白菜を購入する際には、鮮度に気をつけることが大切です。葉がシャキッとしていて、傷みがなく、色が鮮やかであることが大切です。腐敗を防ぐには、頭がしっかりしていて、腐り始めておらず、柔らかくなっていないものを選びましょう。できれば、それぞれの野菜の固さを点検し、軽く絞ってみてください。

葉が折れていたり、傷んでいたりするものは不採用とし、外側の葉がすべて残っているものを選ぶと、保存中に腐敗やカビが発生する可能性が低くなります。黄色や茶色の斑点がある白菜は購入しないでください。これは、古くなって栄養不足になっている証拠です。また、冬に白菜を選ぶときは、寒さが品質に影響し、味が落ちる可能性のある、明らかに屋外で栽培されたものは避けたほうがいいでしょう。

白菜の保存方法について

白菜は栄養価の高い食材として人気があり、様々な料理に使われています。一年中手に入りますが、白菜は冬の間に特に多くなり、正しく保存すれば数週間は持つようになります。冬場の白菜を保存する際のポイントを押さえておけば、使うときに新鮮な味と歯ごたえを楽しむことができます。 白菜は、大きさの割にずっしりと重く、葉が鮮明で茎もしっかりとしているものを選びましょう。しおれていたり、縁が茶色くなっているものは、味が落ちている可能性があるので避けましょう。もし袋入りの白菜を購入した場合、プラスチック製の包装に結露がないことを確認してください。 白菜は、華氏35度から40度に設定した冷蔵庫で保存します。冷蔵庫の底にある引き出しは、他の場所に比べて温度が一定で、冷蔵庫内の高い位置にある冷凍庫よりも若干温度が高いため、最適です。 白菜はビニールで包んでから引き出しに入れ、葉がしおれたり、カビが生えたりしていないか、定期的にチェックしましょう。 やむを得ず常温で保存する場合は、新聞紙で包み、オーブンやラジエーターなどの熱源から離れた乾燥した暗い場所に置きます。この状態で1週間保存してから使用するか、その期間内に使用しなかった残りは廃棄してください。 リンゴやバナナなどの近くでは、エチレンガスの発生量が多くなり、ハクサイの腐敗が早まるため、冷蔵保存は避けてください。

白菜の保存のための準備方法

白菜は、白菜やチンゲンサイと呼ばれることもある、多用途で人気のある野菜です。寒さに強い作物で、25°F(-4°C)までの気温に耐えることができます。秋に収穫し、冬まで保存しておくと、寒い季節もおいしい白菜を楽しむことができます。白菜の鮮度を保ち、おいしく食べるためには、適切な下ごしらえと保存が大切です。 キャベツの下ごしらえ -白菜を収穫する前に、頭がしっかりとしていて、コンパクトで、重いことを確認します。 -極端な寒さによるダメージを防ぐため、晩秋に小霜が降りる直前、または気温が25°F(-4°C)以下に下がる前に収穫します。 -根がついたままの株をそっと引き抜き、余分な葉を切り落とし、傷んだ外側の葉を取り除き、庭のゴミ山やコンポストに捨てます。天候が悪く、自分で収穫できない場合は、プルーナーで茎を地面近くまで切り落としてから、庭のベッドから取り出します。 -キャベツの根に残っている土は、梱包する前にブラシで落とします。 キャベツの梱包 -紙袋で保管する場合、厚手の茶色い袋(スーパーの袋ではない)を選び、少なくとも片方の端が開いているものを使用すると、保管中に空気の循環が保たれます]。 1袋に2~3個のキャベツを入れ、保存中に空気が逃げないように、袋の口をしっかりと折り返す。 キャベツの切り口が、正しく立てた状態で袋の底の方に向くようにする(または、生産者にブラウン紙袋の片側にプラスチックの窓を付けてもらう)。切り口を下向きにしておくと、保管中に切り口が露出している部分の結露を抑えることができる]。 満杯になった袋の両端に輪ゴムをかけて固定する。保存する前に、黒い紙袋を2週間ごとに交換するか、同じ袋の中に重ねたキャベツの間に結露が発生している場合は、早めに交換しましょう。 -キャベツがナプキンやペーパータオルの間に二段重ねになっている場合、滅菌済み容器に発泡スチロールや断熱シートを詰めてからキャベツを乗せ、切り口を容器の底に向け、ふたを少し開けるか、側面や上部の壁に複数の穴を開けて空気を十分に循環させてから使用する。

白菜の長期保存のコツ

冬に白菜を保存する場合、長期保存を成功させるために考慮しなければならないいくつかの要因があります。白菜を上手に保存するための理想的な温度や環境は、保存する白菜の種類によって異なります。長期保存のために必要な対策をご紹介します。 – 成熟した頭を収穫するのは、冬の貯蔵のときだけにして、傷つくと劣化が早まるので注意しましょう。 – 収穫した白菜は浅い容器に入れ、湿った砂かおがくずで囲む。 – 白菜の容器は、0℃から4℃の間で保管する。 – 多少の腐敗が生じると臭いが発生し、腐敗が早まるので、保存量をすぐに減らせるような大きさの容器を選びましょう。 – 容器に製品を詰め込み過ぎると腐敗が早まるので、過積載は避ける。 – 電子湿度計で相対湿度(RH)を監視する。RHは90%~95%が推奨される。 – 植物学者が推奨する割合で定期的に空気を循環させる。通常、1時間に3~5回で十分である。 – エチレンは白菜の熟成と呼吸を促進するため、貯蔵中のエチレンレベルをコントロールする。科学者や地元の普及員から推奨された排気換気やエチレン吸収剤を使用する。 – 腐敗した材料は、臭いを除去するだけでなく、施設内の他の農産物に広がる前に腐敗した材料に発生する病害生物による攻撃を減らすために、速やかに除去する。

白菜の保存でよくあるトラブル

白菜の保存方法に関しては、いくつかの共通した問題が発生する可能性があります。保存方法が適切でないと、白菜がぐったりしたり、脱水やボトリティスなどの病気にかかったり、根元から腐ってしまったりすることがあるのです。冬に白菜の保存を始める前に、白菜の保存期間を短くするいくつかの要因に気をつけましょう。 -過剰な温度。熱を加えすぎると、白菜がしおれたり、カビが生えたり、茶色い斑点ができることがあります。最適な保存温度は華氏55度(12℃)です。 -光に当てる:保管中は、直射日光や室内の光源が白菜に当たらないようにしてください。光に長時間当たると、葉が黄色くなり、食用に適さなくなります。 -湿度レベル 湿度:正確な温度管理は、相対湿度にも左右されます。 -バクテリアの感染。細菌感染:慎重な取り扱いと清潔さによって、保管場所に細菌が入らないようにすることが重要である。保存する前に葉を洗わず、葉の外側の層が空気中の汚染物質から保護する役割を果たし、頭の内側の葉に腐った斑点ができるのを防ぐようにします。

おわりに

以上、白菜の冬場の保存について、いくつか注意点がありました。まず、収穫時に野菜が完全に乾燥し、病気がないことを確認し、十分な換気を行い、風通しの良い環境で保存することが重要です。次に、保存の温度は氷点下より少し上、0~34˚F(0~1˚C)の間にする必要があります。最後に、糖度の高い品種を選ぶことが重要です。糖度は保存中の苦味を軽減するのに役立ちます。これらの方法を実践することで、冬の間、白菜の鮮度を保ち、美味しさを維持することができます。

コメント