髪の静電気を除去する方法

髪の静電気を除去する方法 ヘアケア
髪の静電気を除去する方法
この記事は約7分で読めます。

あなたの髪が、不思議と近くにあるものすべてに引き寄せられていることに気づいたことはありませんか?もしそうなら、それは静電気のせいかもしれません。縮れ毛の仲間を恐れてはいけません。このブログでは、髪の静電気の原因を探り、恐ろしい電気ザックを減らす方法について、いくつかの試行錯誤のヒントを共有します。

はじめに

髪に発生する静電気は、髪を傷める原因になります。 あなたの髪の静電気は、迷惑で不快になることがあります。それはあなたの髪が乱雑に、無秩序に、そして制御されていないように見えることができます。しかし、静電気は、手間もお金もかからない、いくつかの簡単な方法で取り除くことができます。このガイドでは、髪の静電気を抑える効果的な方法と、静電気が再発しないようにするためのコツをご紹介します。これらのテクニックを駆使すれば、縮れ毛を最小限に抑え、最高の輝きを放つ、扱いやすい髪をすぐに手に入れることができるでしょう!

静電気とは

静電気は、2つの物体が互いにこすれ合うときに蓄積される電荷の一種です。これは、2つの物体の正と負の電荷の間の不均衡によって引き起こされます。静電気の最も一般的な原因は、衣類、家具、または人間との接触による摩擦です。ヘアスプレーやコンディショナーなどのスタイリング剤は、髪に電流を通しやすくするため、髪に静電気を発生させる原因となることがあります。気候や気圧の変化も、髪や表面に静電気を発生させる原因になります。静電気が大量に蓄積されると、突然放電が起こり、接地された物体に触れたときに衝撃を受けます。この現象は、日常生活において非常に不快なものであり、適切な対策を講じないと、デリケートな機器を損傷することもあります。

髪の毛に発生する静電気の原因

髪の静電気は、乾燥や摩擦、熱によるスタイリングが原因で発生します。髪の水分量が少ないと、衣類や家具などマイナスに帯電しているものに触れたときに、髪がプラスに帯電することがあります。また、ブラッシングや指通りによる摩擦も、空気中の静電気の原因になります。最後に、髪の水分バランスを保つために必要な油分を、スタイリング剤の熱で奪ってしまうことも、静電気の原因となります。これらの原因はすべて、髪の静電気を除去するには、髪に水分を補給する必要があることを意味します。

静電気を除去するためのさまざまな方法

静電気は、特に髪の場合、厄介な問題で、痛みを伴うことさえあります。静電気は、異なる電荷を持つ2つの物質が互いに接触したときに発生します。この記事では、髪から静電気を除去するための最も一般的な方法のいくつかについて説明します。 自家製の解決策 あなたはおそらくあなたの家で持っている2つの単純な成分、水と柔軟剤を使用して、あなたの髪の静電気を低減する簡単に適用するソリューションを作成することができます。スプレーボトルに柔軟剤と水を入れ、濡れた髪や乾いた髪にたっぷりと塗布してください。こうすることで、髪に水分を与え、乾燥を防ぎ、静電気の発生を抑えることができます。

また、重曹と水2カップを別のスプレーボトルに入れれば、柔軟剤と同じように、より自然な効果が得られます。 パントリー・アイテム ヘアスプレーは、あなたのロックは乾燥した日でも置くことを保証することによって、短期的に静的な問題を修正するためのもう一つの素晴らしい方法です そのような綿シャツやスカーフタック完全に冬のコートやジャケットにすべてを素晴らしく、滑らかに保つのを助けるように生地も質感とボリュームを追加せずに余分な重量ハンドクリームは、それが余分な光沢と体を追加するだけではなく、瞬時にリフレッシュ静的傾向鎖を提供し、インスタントの保湿効果として衣類や髪の両方で静的な問題を解決することになると偉大です仕上げにはなぜあなたが常に準備櫛&ブラシを持っていない-。特に、風や寒さが気になる日に静電気に悩まされる方は、厄介な髪の流れが気にならないようにしましょう!

ドライヤーシートで静電気を除去する方法

ドライヤーシートで静電気を除去する方法は、簡単で効果的、かつリーズナブルな方法です。まず、ドライヤーの電源を切り、歯幅の広いクシで髪をとかします。電動ブラシで髪を整えている場合は、その電源も切っておきます。

次に、ドライヤーシートを髪の根元から毛先まで、頭全体に揉み込みます。こうすることで、摩擦による静電気や、髪に付着した静電気のベタつきを解消することができます。ドライヤーシートが帯電防止効果を発揮し、髪全体に素早く簡単に行き渡ります。

その後、天然繊維のブラシで髪を軽くブラッシングし、シートの中身を髪全体に均等に行き渡らせます。ブラッシングの前に、ヘアスプレーを頭全体に軽く吹きかけておくと、より安定したヘアスタイルを保つことができます。

ブラッシング後は、通常通りドライヤーやスタイリングをしてください。ドライヤーで乾かした後にヘアスプレーを使いすぎると、静電気が発生しやすくなります。スタイリングやドライヤーが終わったら、コンディショナーやトリートメントをつけると、さらに静電気が発生することがありますので、控えめにしてください。

静電気を防ぐためのポイント

髪の静電気は厄介で恥ずかしいものですが、この問題を軽減し、解消するためにできることがいくつかあります。髪のタイプに関係なく、静電気は髪の電子のバランスが崩れることで発生します。いくつかの簡単なヒントは、あなたのヘアスタイルに大混乱を引き起こすから静電気を防ぐのに役立ちます。

  1. 乾燥した髪や静電気が起こりやすい髪には、保湿効果の高いシャンプーやコンディショナーを使用することで、摩擦を減らし、髪の電荷のバランスを整えることができます。
  2. 洗髪後、ドライヤーで乾かす前に、リーブインコンディショナーやスプレーを使って、濡れた髪をほぐし、水分を閉じ込めます。
  3. 衣類と一緒に柔軟シートを乾燥機に入れ、シャツやセーターなど、一日中身体に触れる繊維に帯電防止バリアを作る。
  4. 綿や麻などの天然繊維は、合成繊維ほど電子を移動させないので、衣服と肌の両方で静電気のまとわりつきを減らすことができます。
  5. 静電気防止スプレーを常備しておけば、突然の静電気に悩まされることもなく、コームやブラシでスタイリングしながら、気になる部分に軽く吹きかけるだけで局所的に静電気を抑えることができます。 * また、濡れた髪に触れると、金属表面が電子を発生させるため、静電気が発生しやすくなります。

静電気を除去する自然療法

髪の静電気は、不快で煩わしく、お世辞にも「縮れ毛」とは言えない外観を引き起こすことがあります。静電気の蓄積は、髪の皮膚や頭部に電荷が蓄積されることで起こります。幸いなことに、この蓄積を減らし、不健康な枝毛、脱水、くせ毛を防ぐのに役立つ自然療法がいくつかあります。

  • オイルを使う。オリーブオイル、ホホバオイル、アルゴンオイル、アーモンドオイルなどのオイルは、頭皮を保湿し、有害な化学物質から保護するのに適しています。スプレーボトルに蒸留水を大さじ2杯ほど入れ、1滴か2滴を混ぜるだけで、髪にやさしいコンディショナーができあがります。スタイリングの前に、湿った髪にスプレーすると、静電気が起こりにくくなります。
  • 髪を加湿する。加湿器を使って、周囲の空気を自然に湿らせ、髪にうるおいを与えましょう。静電気の原因である乾燥を防ぐことができます。
  • シルクを加える。スカーフなど身の回りの布にシルク素材を取り入れたり、冬の乾燥した時期に外出する際はシルク素材の帽子やキャップをかぶるなど、DIYで髪のハネによるイライラを解消しましょう。
  • 保湿をする。乾燥した髪には、定期的な保湿が効果的です。ビタミンAとEが配合された天然素材のコンディショナーを使い、髪を洗うたびに栄養を与えながらまとまりをよくしましょう(通常は2~3日おき)。 また、週に一度、濡れたシャンプー後の髪にアボカドオイルなどの天然成分を使ったディープコンディショニングを行ったり、必要に応じて自宅でホットオイルトリートメントを行うと、さらに保湿効果が高まります!このテクニックを使って、髪に潤いを与えましょう。

おわりに

髪の静電気の量にもよりますが、上記で紹介した簡単な方法で十分に静電気を取り除くことができるかもしれません。髪の静電気に悩まされている方は、髪の水分を保ち、髪のハネを防ぐために、コンディショニング製品を使用してみてください。さらに、自宅やオフィスの湿度を上げると、髪にたまる静電気を抑えることができます。いくつかの実験と調整で、自分に合ったルーチンを見つけ、厄介な静電気を湾で維持することができるはずです。

コメント