桃の剪定の時期と方法

桃の剪定の時期と方法 園芸、ガーデニング
桃の剪定の時期と方法
この記事は約6分で読めます。

桃の剪定は怖がる必要はないのです。しかし、ちょっとしたコツがあれば、自宅の庭でも自信を持って桃の剪定に取り組むことができるのです!

はじめに

桃の剪定は、健康で生産性の高い果樹を維持するために不可欠な作業です。最初の4、5年の間、桃の木の最初の訓練をした後、剪定はより良い空気の循環を促進し、害虫や病気を制御し、新しい成長を開始し、実をつける多くの枝を作成するために必要です。剪定のタイミングと技術は、桃の生産量に大きく影響します。剪定のタイミングを知り、基本的な技術を理解することで、家庭菜園に最高の結果をもたらします。

桃の木と剪定を理解する

桃の木の剪定を理解するためには、桃の木の特徴を理解することが重要です。りんごや梨などの他の果樹と異なり、桃の木は良い桃を実らせるために定期的な剪定が必要です。

剪定を始める前に、1年間は木を観察してください。そうすることで、木や枝の形や構造を知ることができます。また、注意深く観察することで、剪定の際に枝が傷むのを抑えることができます。

剪定は、休眠期の剪定と夏の選択的な剪定の2つの時期に行う必要があります。休眠期とは、晩冬から初春にかけて、樹木が活発に成長していない時期のことで、この時期に、樹木全体の美観を損なう枯れ木や交差した枝、弱い芽を取り除くことに重点を置いて、激しい切り戻しが行われるのです。

夏場の選択剪定は、芽つみ鋏で行います。この種の剪定は、それまであまり成長していなかった部分の成長を促し、密集した樹冠部分を開放するだけでなく、結実の遅いモモや収穫しにくい房などの実をつける障害を減らすのに役立ちます。健康な新芽だけを狙うようにし、葉が密集しすぎていたり、日光を奪いすぎているものは切り落とすようにしましょう。

最後に、桃の木の適切なケアは、定期的な剪定だけでなく、季節ごとに健康な果実を生産できるように、成長サイクルを通じて十分な水と肥料を提供することを忘れないでください。

桃の木を剪定する理由

桃の木の剪定は、果実の生産を高め、木の健康を促進し、望ましい形状を維持するために推奨されます。剪定はまた、新しい健全な成長を促します。桃の木は一般的に植え付けから8~10年の寿命の短い品種なので、最適な健康を確保するために、定期的に適切な剪定をすることが重要です。 剪定をする前に、なぜ剪定をするのかを理解することが大切です。剪定の理由を知ることは、収穫量を最大化するために必要不可欠です。また、最適な果実生産のための効率的な空気循環、収穫を容易にするためのゴミの減少、日光の照射を増やし、新鮮な空気を直接植林地に送り込むことなどは、剪定を成功させるための重要な要素です。 このガイドでは、適切な切り口の重要性と、桃の木を剪定するタイミングを説明し、何年にもわたって桃の木の健康を効率的に維持できるようお手伝いします。

桃の木の剪定時期

桃の木の剪定は、成長と果実の生産を最大化するために、適切な時期に行う必要があります。桃の花は春の終わりに咲くので、冬の終わりから春の初めにかけてが剪定に最適な時期です。桃の木をどのくらい剪定するかという難しい決断をする前に、なぜ、どのように桃の木を刈り込むのかを理解することが大切です。

晩冬から早春にかけては、休眠中の芽を落とさずに木を休ませることができるため、剪定に最適な時期なのです。若木の場合は、成長が始まる前に既存の芽から枯れ枝を切り落とし、刈り込みは低く抑え、必要な場合のみ頂部の成長を促すことが重要です。樹齢の高い樹木の場合は、樹冠を開いて光を取り込み、新芽が生き残るチャンスを増やすために、いくつかの枝を取り除くとよいでしょう。この「間引き」は、勢いのある新芽や、シーズン中に発生した枯れ枝や折れ枝に対して行います。ただし、病気や害虫の侵入のために必要な場合を除き、20%以上の枝は取り除かないようにしましょう。また、花を咲かせるために、半成木の古木を取り除くことも効果的です(個々の木に記載されています)。

桃の木の剪定方法

剪定は収穫を成功させるために最も重要な作業の一つですが、いつでもできるわけではありません。桃の剪定の適期は晩冬で、厳しい霜が降りた後、芽吹きの前です。この時期は、地域によって異なりますが、通常、冬の終わりから春の初めにかけて行われます。ただし、何度も凍結するような地域は、春まで剪定を控えてください。

若木を育てるにせよ、成木を維持するにせよ、桃の木の剪定は以下のガイドラインに従ってください。

-吸盤や水滴が出たらすぐに剪定する。
-日当たりと樹冠内の空気循環をよくするため、交差した枝はすぐに取り除く。
-幹の低い位置にある3~5本の枝は、将来的に桃の木の骨格となる足場となります。その他の不要な枝は幹の下部から剪定し、樹木の根元が混雑しないようにします。
-枯れた枝や病気のある枝は、成木であればいつでも剪定します。若い木は冬まで待ちましょう。
-こうすることで、枝が広角になり、キャノピー内の空気の流れがよくなり、足場枝のさらに下のラテラルに結実力が保たれます。
-足場の大きい枝には、枝の角度と同じ高さの芽が4つ、小さい枝には、各枝の内側で起点に近い芽が2つあります。

剪定した桃の木のアフターケア

桃の木を剪定したら、木の健康を保つために適切なアフターケアが欠かせません。徹底的な作業を行うために、木の幹の周りに直径2フィートのマルチング床を追加してください。少なくとも年に一度、早春か晩秋に有機堆肥と肥料をマルチングベッドの周囲に施します。定期的に、木の幹の周囲1インチあたり約3ガロン(地上から12インチで計測)を散水する。害虫や病気がないか観察し、発生した場合は、お近くの樹木医にご相談ください。

春先は、新芽が出る直前に葉にスプレーできる肥料を追加するのに最適な時期でもあります。水と肥料が十分に足りているかどうかは、春先に葉が十分に茂り、蕾が膨らみ、夏の終わりには花がたくさん咲いていることを確認すればよいでしょう。このように注意深く育てれば、毎年おいしい桃をたくさん食べることができます。

よくある剪定の失敗

剪定は、樹木を健康に保ち、収穫量の増加を促すため、果樹のメンテナンスプランの重要な部分です。しかし、剪定は思慮深く正しく行わなければ、樹木に損傷を与えることもあります。ここでは、桃の木を剪定する際に避けるべき一般的な間違いをいくつか紹介します。 – 葉を落としすぎる – 桃の木を剪定するときは、葉を20%以上落とさないようにしましょう。これは、キャノピーの目に見えるはげしいスポットを避けながら、木の上の衝撃の量を制限します。 – 剪定時期が悪い – 一般的に桃の木の剪定は晩夏から初秋が最適ですが、気候によって異なる場合があります。冬の終わりから春の初めにかけての不要な剪定は、新芽の成長を妨げ、収量を大幅に減少させる可能性があるので、できるだけ避けましょう。 – 鈍い剪定ばさみは、枝を傷つけやすく、病気になりやすいので、必ず錆びない、鋭利で清潔な道具を使いましょう。 – 間引きが足りない – 混み合った枝や二重芽を間引くことで、実をつけるためのスペースを確保し、各枝や芽の間の空気循環をよくします。 – 長い枝を残しすぎる – 3 フィートを超える枝はすべて、トレリスや杭などの支柱が届く範囲で切り戻しましょう。

結論

結論として、適切なタイミングと技術によって、収穫を大きく向上させることができます。桃の木を植え、維持することは、前もってより多くの努力を必要としますが、それは結果に十分に見合うものです。多くの地域では、冬の終わり、2月か3月に行う剪定が、健康な木で豊かな収穫を得るのに最も適しています。4つのD」に従って剪定することで、風通しと日当たりを良くし、非生産的な成長を取り除くことで、植物が残った果実にエネルギーを集中できるような形を作ることができます。また、コンポストなどの有機栄養素を入れることで、木の栄養となり、根が丈夫になるので、果実が多くなる時期に水と栄養を十分に利用することができます。最終的に、これらの実践は、次の桃の収穫を最大化するのに役立ちます。

コメント