お酒に酔わない方法

お酒に酔わない方法 病気、症状
お酒に酔わない方法
この記事は約8分で読めます。

友達はビール1本でほろ酔いなのに、自分は2本でやっとこさ、というのは不思議に思いませんか?この便利なガイドは、お酒の飲み方を理解するのに役立ちます。このブログでは、お酒の効果から、どのお酒があなたのためになるか(あるいはならないか)まで、お酒を飲まずに楽しむために必要なノウハウを提供します。準備はいいですか?さあ、はじめましょう。

アルコールについて知ろう

アルコールを理解することは、自分の限界を知り、うっかり酔ってしまわないようにするための鍵です。アルコールは抑圧性の化学物質です。つまり、活動性を低下させ、判断力や行動を鈍らせる可能性があり、また、眠気や発話障害を増加させるなど、すべて酩酊の兆候です。

アルコール自体にはカロリーがないので、厳密には太ることはありません。しかし、ほとんどのアルコール飲料は、ジュースやソーダのような高カロリーのミキサーで割られており、砂糖や体内で分解されにくい人工甘味料が含まれていることがあります。また、お酒を飲むとリラックスできるため、ついつい飲み過ぎてしまう人が多いようですが、これは十分な注意を払わないと、エンプティカロリーや脱水症状、体重増加につながる恐れがあります。

お酒に酔わないためには、お酒の飲み方を理解することが大切です。女性なら1時間に1杯、男性なら1時間に2杯、女性なら1回に3杯まで、男性なら1回に4杯までというように、節度ある飲酒が大切です。また、飲酒量や体重を記録して、自分の限界を知ることも酔いを防ぐのに役立ちます。また、ノンアルコール飲料を飲みながら、水分補給をすることも大切です。最後に、お酒を飲んでいない友人に、一晩中の摂取量を確認するのを手伝ってもらうのもよいでしょう。

アルコールの身体的影響

アルコールが人に与える影響はそれぞれ異なりますが、アルコールの身体的影響のいくつかはかなり一貫しています。消費した量に応じて、アルコールは人をリラックスさせ、幸せで、自由奔放な気分にさせます。しかし、その人が飲み慣れている量や、体が処理できる量よりも多くの量を摂取すると、その効果は大きく変化します。 軽い酩酊状態、つまり1時間に男性で4杯まで、女性で3杯までの飲酒では、突発的な身体的変化が起こり始めるかもしれません。例えば、協調性や平衡感覚が低下し、運動制御ができなくなり、反射神経が鈍り、意思決定能力などの精神過程が鈍くなります。また、酩酊度が高くなると、視覚や聴覚も損なわれる。軽度の酩酊状態では、誰かが飲み過ぎたことを認識するのは難しいかもしれません。 5杯以上飲むと、めまいや目のかすみなどの強い身体的症状に加えて、嘔吐を経験し、気分の落ち込みや感情の起伏が激しくなります(例:不適切な瞬間に笑ってしまう)。大量飲酒者は、集中力が低下したり、考えがまとまらなくなったりすることが多く、バーやナイトクラブから車で帰宅しようとしたり、夜間に一人で歩いて帰宅したりする際に、バランス感覚の低下により不適切に階段から転落するなど、他人や自分自身を傷つける危険性があることに気付かず危険な状況に陥ることがあります。 高酔い状態の人は、言葉を濁す、頻繁につまずく、理解できないことを話す、または意識がない状態になる可能性があります。このような場合、心拍数、呼吸数、体温の危険な変化のため、緊急に医師の診察を受ける必要があり、すぐに危険が生じたり、長期にわたる深刻な健康上の合併症を引き起こす可能性があります。

暴飲暴食とは何ですか?

暴飲暴食とは何ですか? 暴飲暴食とは、人の血中アルコール濃度(BAC)が0.08グラム%以上になるような飲酒のパターンです。これは通常、男性が約2時間の間に5杯以上、女性が4杯以上の飲み物を消費したときに起こります。暴飲暴食は、しばしばアルコール中毒を引き起こし、命にかかわる危険な状態になることもあります。 アルコール中毒に加えて、暴飲暴食は、高血圧、脳卒中、心臓病、肝臓病、さらに記憶障害やある種のがんなど、健康に悪影響を及ぼすリスクを高めます。また、暴飲暴食は、傷害、暴力、妊娠中の飲酒による出生異常、アルコールの影響による判断力低下による意図しない妊娠のリスクも高めます。 アルコールを摂取する人は、この行為に伴うリスクを理解し、責任を持って行う必要があります。したがって、アルコール飲料を摂取する前に、血中アルコール濃度(BAC)、適度な飲酒のガイドライン(男性は1日2杯、女性は1日1杯)、酔いの兆候などのトピックについて十分に学んでおくことが重要です。

アルコール乱用の長期的な影響

アルコールの乱用は、肝硬変、膵炎、肝炎など、身体や脳への長期的なダメージにつながる可能性があります。その他にも、高血圧、脳卒中、心臓病、胃潰瘍、記憶力や集中力の低下などの健康被害があります。アルコールの乱用は、うつ病や不安症などの精神衛生上の問題を引き起こすこともあります。 大量の飲酒は、口、食道、咽頭(のど)、喉頭(声帯)、肝臓、乳房のがんのリスクを高める可能性があります。また、大量飲酒は男性の性的機能障害を引き起こし、アルコールを定期的に摂取する女性では意図しない妊娠のリスクを高める可能性があります。 長期にわたるアルコール乱用は、人生のあらゆる部分に影響を及ぼします。家族や友人との関係、仕事の成果に影響を及ぼすだけでなく、暴飲暴食による経済的損失も生じます。こうした個人生活への影響に加え、仕事の生産性の低下やアルコール関連疾患の治療費など、アルコール乱用には大きな経済的コストがかかります。

お酒に酔わないための対策

お酒に酔わないための対策としては、お酒を1種類に絞る、飲む量やスピードを管理する、飲む前や飲んでいる最中に食事をする、水と交互に飲む、などがあります。 アルコール飲料に飛びつく前に、自分の限界を知ることが大切です。人生におけるすべてのことと同様に、注意深く行動することが一番です。お酒は1種類に絞ることが大切です。混ぜることで摂取量を把握しにくくなり、依存症になる危険性が高まります。 お酒を飲むときは、飲む量を制限し、定期的に休憩を取りましょう。また、アルコールの効果を感じ始めたら、ペースを落とすだけでなく、実際に飲むのをやめるのがベストです。お酒を飲む前に、あるいは飲んでいる間に食事をすると、血液に入るスピードが遅くなり、吸収が促進されることがあります。 最後に、アルコール飲料と水を交互に飲むことで、夜の外出やアルコール飲料がある催しで水分補給をすることができます。アルコール飲料を4~5杯飲むごとに、1~2杯を水で割ることで、消化器官の極端な発酵反応とのバランスが取れ、別の飲料が管理可能なレベルを超えて中毒レベルを不必要に高めず、潜在的に危険な状況を引き起こさないようにします。

アルコールの代替品

アルコールを摂取したくない人や代替品を探している人のために、美味しくて爽やかな飲み物の選択肢を提供することができる多くのノンアルコール飲料があります。伝統的なアルコール飲料の代わりとなるカクテルやモクテルなど、さまざまな種類があります。

ノンアルコール・カクテルは、節酒を損なわずにカクテル・タイムを楽しむことができます。モクテルは「モックカクテル」の略で、アルコールの飲み過ぎを避けたい場合に最適なオプションです。モクテルは、シロップやジュースなどアルコールと同じ要素を含んでいますが、レシピにはアルコールが含まれていません。人気のモクテルには、バージンモヒート、セロリクーラー、フルーツジュレップ、ザクロパンチなどがあります。

新鮮なミックスフルーツとジュースで作るスムージーは、ノンアルコールでおいしい飲み物です。ミントの葉やショウガの根などのハーブを加えて、面白い味の組み合わせを作ってみてください。

カクテルやスムージーよりもっとお腹にたまるものをお探しなら、ノンアルコールビールや、ジュニパーベリーやカルダモンなどのハーブやスパイスが入ったフレーバー付きの炭酸水やトニックもおすすめです。トマトジュースやビートジュースをレモネードと混ぜたようなヘルシーなベジタブルジュースは、リフレッシュしながらも多くの効能をもたらします。

結局のところ、アルコールの代わりになるものを選ぶということに、間違った答えはありません。

アルコール依存症の治療法

アルコール依存症を治す方法はありませんが、治療を受けることで、お酒をやめ、より健康的な生活を送ることができます。もし、あなたやあなたの身近な人がアルコールを乱用しているかもしれないと心配するなら、助けとなるいくつかの治療法があります。

アルコール依存症の治療には、一般的にカウンセリングと薬物療法が組み合わされます。医療専門家は、入院治療から外来カウンセリングサービスまで、個人治療とグループ治療の両方を提供することができます。プログラムの期間は個々のニーズによって異なりますが、多くのプランでは、アルコールからの解毒とそれに続く集中的なカウンセリングが含まれます。また、多くのプログラムには、家族へのサポートや対処法のトレーニングも含まれています。

アルコール乱用の治療の目標は、現在の使用レベルを下げ、アルコールを使用することの影響について認識を深め、より健康的なライフスタイルに変えるためのスキルを身につけることです。治療を受ける人は通常、12ステッププログラム、地域社会の回復者用住宅、その他の継続的な精神医療支援サービスなどの追加的な支援サービスを利用することが必要です。

薬物乱用の問題で助けを求めるのが初めてでない場合、適切な治療法を見つけるには試行錯誤が必要なことがあります。アルコール問題からの回復に向けて最大限の効果が得られるよう、行動方針を決める前に自分のニーズを見極めることが大切です。

サポートと教育のためのリソース

アルコールについて自分自身を教育し、どのようにすればよいかを学ぶことです。 アルコールについて自分自身を教育し、責任ある飲み方を学ぶことは、アルコール摂取による泥酔を避けるための重要なステップです。飲み過ぎを避けるための効果的な戦略を立てるために、サポートや教育を提供できる多くのリソースがあります。 例えば、専門のカウンセリング・サービスでは、問題飲酒への介入、予防アプローチ、再発防止テクニックなど、さまざまなプログラムを提供しています。 アルコール依存症協会(AA)などのアルコールに特化した団体では、会員同士のオープンな話し合いを促進し、仲間同士の理解を深め、回復目標に向けて相互尊重を促すサポートグループを提供しています。また、AAの経験豊かなボランティアは、個人が飲酒を減らしたり、完全に断ったりできるように設計された12段階の取り組みを通じて、アルコール断酒に関する指導を行うことができます。 パンフレット、書籍、ウェブサイト、オンライン情報など、安全な飲酒・非飲酒行動に関連する有用な情報を含むさまざまな教育資料も用意されています。さらに、世界中の多くの組織が、さまざまなコミュニティに積極的に働きかけ、過剰な飲酒の危険性に関する重要な事実を提供し、必要に応じて適切な支援や治療の手段を指示しています。

コメント