生キクラゲの保存方法

生キクラゲの保存方法 料理、食材
生キクラゲの保存方法
この記事は約6分で読めます。

しおれたきのこに、もう別れを告げる準備はできていますか?そんなあなたにぴったりの解決策があります。このブログでは、おいしいきのこをできるだけ新鮮に保つための重要なステップをご紹介します。

はじめに

きくらげは、「きのこの王様」とも呼ばれています。
きくらげは、別名「ヒラタケ」とも呼ばれ、アジア全域で愛されている食材です。コリコリとした歯ごたえと、マイルドで土っぽい風味は、どんな料理もおいしくしてくれます。きくらげは乾燥したものや缶詰のものもありますが、生のきくらげは非常に傷みやすいので、すぐに食べない場合はきちんと保存しておく必要があります。下記の要領で保存すれば、新鮮なきのこを長期間腐らせることなく保存することができます。保存状態や詰め方に気をつければ、きくらげを1ヶ月以上保存することも可能です。

きくらげ保存のメリット

きくらげは、雲耳や木耳としても知られ、アジア料理によく使われる食用きのこです。この濃い茶色のきのこは、スープや炒め物、サラダなどに、歯ごたえと土の香りを与えてくれる万能な食材です。おいしいだけでなく、きくらげは抗酸化物質と食物繊維の良い摂取源です。他の食品と同様に、きくらげも時間が経つと酸素に触れて劣化が始まります。保存性を高めるには、乾燥や漬け込みによる保存が有効だ。

乾燥はきのこの水分を取り除き、密閉容器で保存すれば栄養価や風味は保たれる。さらに、きのこを漬けることで保存期間が延び、調理過程で酢、塩、砂糖などの成分が加わって風味が強くなり、ビタミンやミネラルをより多く保持できるようになります。また、きくらげを漬けることで、以下のような効果が期待できると言われています。
-総脂肪
-総コレステロール
-トリグリセリド
-遊離脂肪酸
新鮮なきくらげを乾燥や漬け込みで保存することは、本来の味や食感を保つために長い処理時間を必要とする冷凍や缶詰に比べ、食事の準備時間を短縮できるため、食品の安全性を高めることにつながるかもしれません。

きくらげの選び方・洗い方

きくらげは日本料理によく使われる食材で、新鮮なきのこを使った料理は最高です。きくらげを使った料理を作る前に、正しいきのこを選び、正しく洗浄することが大切です。

お店や市場で新鮮なきくらげを選ぶときは、色、香り、形、大きさに気をつけましょう。きくらげの色は濃い茶色から薄い褐色、白色までさまざまです。香りがよく、柔らかいがしっかりとした歯ごたえがあり、茎が小さくて折れやすいものがよい。変色や斑点のあるきくらげは、経年劣化や熱や光にさらされることで風味が損なわれている可能性があるため、避けた方がよいだろう。

きくらげを選んだら、調理法に合わせて食べやすい大きさにカットする必要があります。きくらげは軽く水洗いした後、布巾に広げて乾燥させれば、どんなレシピにも使えます。あまり長い時間水に浸けておくと、きのこの風味や食感が損なわれることがあるので、浸ける必要はありません。 また、きくらげは濡れたままでは保存できません。気温の変化や湿気にさらされるとすぐに腐ってしまうので、鮮度を保つためには使うまで常に乾燥させておく必要があります。

きくらげの保存方法

きくらげは適切な方法で保存すれば、2週間ほどは新鮮さを保つことができます。品質を保ち、賞味期限を延ばすには、以下の手順を踏んでください。

  1. きくらげは涼しく乾燥した場所に保存してください。湿気がないことを確認する。
  2. きくらげをすぐに使う予定がある場合は、紙袋や容器に穴をあけて、空気の循環と湿気の調節をしながら保存してください。
  3. 長期保存する場合は、密閉容器に入れ、冷蔵庫の野菜室または冷凍庫で0~5℃の温度で保存してください。
  4. 冷凍したきのこを再加熱する場合は、内部温度が75℃になったことを確認してから、再度取り扱ったり、食べたりしてください。また、室温に2時間以上放置しないでください。
  5. 腐敗したきのこや乾燥したきのこはすぐに捨て、保存してある他の新鮮なきのこを汚染しないようにしましょう。

きくらげの乾燥

きくらげを乾燥させるのは、簡単で費用対効果の高い保存方法です。水分がほとんどなくなるので、保存期間が延びるだけでなく、味も格段によくなる。乾燥させたきくらげは、さまざまな料理に使えるほか、戻すと風味がよくなる。

必要なもの – 生のきくらげ – 密閉容器またはジップロック袋 – シリカゲル – 脱水機(オプション)

自然乾燥の手順

1. まず、きのこをきれいにし、切りそろえる。傷んでいる部分や露出している部分を切り落とし、ブラシや湿らせた布で汚れやゴミを取り除く。2.完全に乾燥させてから、ステップ2に進む。

2.パーチメント紙を敷いた天板に成長したキクラゲを並べ、200℃に予熱したオーブンに入れる。時々裏返しながら、カリカリになるまで一晩焼く(6~10時間かかる)。

3.乾燥したキクラゲは、密閉容器かジップロックバッグにシリカゲルと一緒に入れて保存する。シリカゲルは湿気を吸収し、保存期間を延ばすのに役立つ。乾燥したキクラゲは、直射日光や熱源を避け、常温で12ヶ月間保存することができます。

4. また、32℃に設定した食品用脱水機を使用すると、乾燥時間を大幅に短縮できます(約4~6時間)。

きくらげの冷凍

きくらげの鮮度、風味、食感を保つには、冷凍保存が効果的です。冷凍する前に、きくらげを十分に洗浄し、菌が汚染物に触れないようにする必要があります。それでも、冷凍することでほとんどの有害な細菌が死滅し、きくらげの鮮度を1年間維持することができます。冷凍するには、ワックスペーパーを敷いた天板にきくらげを一枚ずつ並べ、冷凍庫で一晩寝かせます。凍ったら、個別のビニール袋または容器に入れ、しっかりと密封して冷凍庫に戻し、保存します。使うときは、それぞれのパッケージから必要な分を取り出し、冷水で洗ってから調理するか、サラダのトッピングとして生で食べればよいのです。冷凍保存は、きくらげのおいしさと食感を保ちながら、より長く新鮮に保つための理想的な方法です。

きくらげを使った料理

きくらげを使った料理は、その風味と健康効果を楽しむのに最適な方法です。きのこの鮮度と栄養を保つために、正しい保存方法と調理法を知っておくとよいでしょう。

きくらげは、密閉容器に入れて、冷蔵庫や食料庫など涼しく乾燥した場所に保存する必要があります。市場や食料品店できくらげを購入する場合は、購入後2日以内に使う予定の量だけ購入します。余った分は捨てるか、冷凍保存しておくと便利です。

きくらげは、生のままでも、乾燥させても調理できます。乾燥きくらげは、調理する前に水戻しする必要があります。乾燥きくらげは、カップ2杯の沸騰したお湯にきのこを入れて、柔らかくなるまで5分ほどで戻すことができます。新鮮なきのこは、調理する前に軽く水洗いしてください。

水で戻したきのこは、油で炒めたり、刻んでサラダやスープに加えたり、揚げ物にもできます。鶏の胸肉にパン粉を付けて揚げたチカツに、さんまのキムチ(きくらげの素揚げ)をたっぷり乗せて食べることもあります。どのような調理法であっても、きくらげは栄養豊富な食材です。

おわりに

新鮮なきくらげの保存は、いくつかの簡単なステップで行うことができます。きくらげは自然乾燥させ、密閉容器や真空パックで保存することができます。温度25~30度、相対湿度50~60%で保存すると、最良の保存結果が得られる。さらに風味をよくするために、使用前にごま油で軽く炒めておくとよいでしょう。 きくらげは微生物に汚染されると食べられなくなる可能性があるので、使用前にきちんと洗浄することが大切です。最後に、きくらげを購入する際は、衛生管理が行き届いているお店から購入するようにしましょう。このガイドに従うことで、正しく調理すれば数週間から数ヶ月は日持ちする、おいしくて新鮮なきくらげを手に入れることができます。

コメント