生花を長持ちさせる方法

生花を長持ちさせる方法 園芸、ガーデニング
生花を長持ちさせる方法
この記事は約6分で読めます。

きれいな生花を手に入れるのが好きですか?もしそうなら、家に持ち帰って家やオフィスに飾る喜びは何物にも代えがたいものです。しかし残念ながら、コツがわからないと、せっかくの花も長持ちしません。このブログでは、生花をできるだけ長持ちさせるための秘訣をご紹介します。あなたの花束を何日も(あるいは何週間も!)楽しく咲かせる準備をしましょう。

はじめに

新鮮な花は、どんな家庭にも美しく、香りのよいアクセントを与えてくれます。一輪でも花束全体でも、生花の香りと色はどんな部屋でも明るくしてくれます。生花は造花ほど長持ちしませんが、適切な手入れをすることで、数日から数週間、花を長持ちさせることができます。このガイドでは、生花のアレンジメントを長持ちさせるための最適な方法をいくつかご紹介するとともに、よくある失敗例も取り上げています。
これらのヒントに従うことで、生花をより長く楽しむことができるようになります。

花の種類と寿命

花の寿命は、その土地の気候や種類によって異なります。できるだけ長持ちさせるためには、適切な時期に購入し、適切な手入れをすることが大切です。

短命の花 日持ちが悪く、定期的に交換する必要があります。カーネーション、グラジオラス、ヒナギク、菊、ランなど、花びらの多い花が多い。

中程度に長持ちする花。適切な手入れをすれば、1週間以上美しさを保つことができる花です。バラ(特に大輪のガーデンローズ)、アルストロメリア、アネモネ、フリージア(各茎に複数のつぼみがあるもの)、トルコギキョウ(花持ちが非常に長い)、ラナンキュラス(長い茎が最適)、スプレーバラ(花持ちが中程度)などがこれにあたります。

結構、長持ちする花:水仙などのスイセン、パンジー、チューリップ(再調整が必要)、アジアンリリーなど何週間も咲き続けるユリ、ヒヤシンス、アイリス、デルフィニウム、フォックスグローブ、ストックなど長持ちする切り花があります。

切り花を長持ちさせるコツ。
-花瓶を清潔に保つ -調整水中のバクテリアレベルを低く保つためには、清潔さが重要です。花瓶を洗うときは、中性洗剤か植物に優しい洗浄剤を使いましょう。
-温水を使用する -冷たい水は、切り取った後の植物に起こるプロセスを遅くします -温水は浸透圧(水の分子の動き)を促進します。
-砂糖を入れる -根からの栄養補給を断たれた植物に、エネルギーを与えます。ティースプーン1杯で十分です。 水替えのたびに少量ずつ加えることで、茎への酸素供給を促し、花を長持ちさせることができます。
-茎についたゴミを取り除く -茎の先端には、切り花の病気の原因となる病害虫が付着していることがあります。購入時に古い葉を取り除くか、または家に到着したときに、切り取った茎の表面に葉の跡が残らないように、そっと下に引っ張りましょう(そうしないとバクテリアが繁殖します)。 また、茎のある品種は、アレンジメントに加える前に、白いラテックスの樹液を切り取ってください。

水やり

切り花は、清潔で新鮮な水があれば長持ちします。少なくとも茎の数インチが水に浸かるような深さのある容器を用意し、水に浸かってしまうような葉は取り除きましょう。花を新しい家に入れる前に、水中で各茎を1インチ切り落とします。こうすることで、花がよりよく水を吸収することができます。

花瓶の水は2日に1度取り替え、直射日光や暖房の吹き出し口から離れた涼しい場所に保管してください。フラワーフードを入れると、微生物に対抗でき、花を長持ちさせることができます。果物が熟すとエチレンガスが発生し、花びらに影響を与え、しおれるのを早めてしまうからです。

バラのようなデリケートな花は、他の品種よりも注意が必要で、涼しい気候で定期的に水替えをすることが、花を長持ちさせるために必要な要素です。

温度と湿度

生花を適切な温度と湿度で管理する。
生花を適切な温度と湿度に保つことは、花をできるだけ長持ちさせることにつながります。花は温度変化に敏感なので、急激な変化や極端な温度差から守ることが大切です。花の最適な温度は65~72度です。55度以下や82度以上では、性能が低下しやすく、花びらが落ちたり、早く垂れてしまったりすることがあります。

また、湿度も花持ちに重要な役割を果たします。湿度が高すぎると、花びらの組織が弱くなり、すぐにしおれたり変色したりします。逆に湿度が低すぎると、花びらの乾燥が早くなり、しおれや下垂の原因になります。フラワーアレンジメントをできるだけ新鮮に保つには、相対湿度が 40 ~ 60% の間であることが理想的です。

お手入れと剪定


切り花を購入し、花器に生ける準備ができたら、花を長持ちさせるために、茎の掃除と剪定をすることが大切です。まず、冷たい水道水で茎を流し、汚れをやさしく落とします。次に、茎を1cmほど鋭利なナイフか園芸ばさみで切り落とします。鋭利な道具を使うことで、茎が裂けたり裂けたりして水の吸収が悪くなるのを防ぐことができます。

花を切るときは、真横から切るのではなく、斜めに切ることが重要です。斜めにカットすることで、水を吸収する面積が大きくなり、花の水分を長く保つことができます。また、多くの花束には防腐剤が入っていますが、これも飾る前に完成したアレンジメントに加えましょう。

花の保存料

生花を長持ちさせる最善の方法の1つは、防腐剤を使用することです。新鮮な切り花を買うと、その花を長持ちさせるための防腐剤のパックがついてくることがよくあります。このパックには通常、殺生物剤と酸味料の混合物と、花のためのいくつかの餌が含まれています。殺生物剤は花の寿命を縮めるバクテリアや菌類に作用し、酸味料はpHレベルを下げて酸性にし、これも花の寿命を延ばすのに役立つ。フードは、花のパフォーマンスを最適化するために必要な糖分とミネラルを供給します。

花瓶やバケツに入れた水に防腐剤を入れるときは、袋の説明書きをよく読んで、最適な量を入れることが重要です。一般的に、温かい(熱くない)水道水1クォートに対して、小さじ3/4程度が必要です。花の種類や容器の大きさによって総量は異なりますので、ラベルをよく読むか、花屋で専門家に相談してください。

適切な手入れをしても、ほとんどの切り花は7日ほどしか持ちません。しかし、防腐剤を正しく使用すれば、2週間以上日持ちさせることができるかもしれません。

保存のコツ

生花を長持ちさせるには、適切な保存方法が必要です。 生花を長持ちさせるには、購入してから花瓶や容器に飾るまでの適切な保管が必要です。適切な保管をすることで、花の鮮度を長く保つことができ、花をより素敵に楽しむことができます。生花を長持ちさせるための簡単なコツをご紹介します。 -直射日光、風通しの悪い場所、過度の高温や低温を避け、涼しく乾燥した場所に保管する。 -茎を好みの長さに切り、水線より下になる葉を取り除きます。 -花を切ったら、花瓶などに活けるまですぐに水につける。 -水に浸けている間に、枯れた花びらや落ちたゴミなどを取り除いてから、定位置となる容器に移し替える。 -花を飾る前に保管する必要がある場合は、数時間ごとに水を花用防腐剤と交換し、段ボールなどの素材を使用して極端な温度に対する断熱材を使用します。 -花瓶の底の水と接する部分に石やビー玉を置き、茎を固定すると、茎が動いて摩擦で傷つくことがありません。

-必須ではありませんが、花粉の落下によってバクテリアが発生した場合は、ディスプレイがまだ活動している間、2~3日おきに水を交換するのも有効です。

おわりに

花を長持ちさせるためには、新鮮な花から始め、店や庭にある間にきちんと手入れをし、家に持ち帰ってからもきちんと手入れをすることを心がけたいものです。切り花を防腐剤で処理することも、花を長持ちさせるために有効です。最後に、直射日光や熱源を避けて保管してください。

これらのポイントを押さえれば、どんな花束も長持ちさせることができます。花を最大限に活用する方法を知っていれば、どんな機会も特別で思い出深いものになるでしょう。

コメント