酔いを覚ます方法

酔いを覚ます方法 病気、症状
酔いを覚ます方法
この記事は約4分で読めます。

夜も更けてきて、ついつい飲み過ぎてしまったあなた。でも、どうでしょう?酔い覚ましの方法はたくさんあります。このブログでは、アルコールの影響を素早く撃退するための最も効果的な方法をいくつかご紹介します。

酔い覚ましとは

酔いが醒めるとは、酔いが醒めた後に、再び酔いを取り戻すことです。酔いを引き起こした物質が体内から完全に排出されるまで、数時間から数日かかることがあり、このプロセスを「酔い覚まし」と呼ぶことがあります。アルコールの代謝速度は人によって異なるため、いつ完全に酔いがさめるかを正確に判断することは困難です。

飲酒後の酔い覚ましの早さを決定する要因はいくつかあります。飲酒量、体格、年齢、性別などが、酔い覚ましにかかる時間に影響します。また、飲酒中に食べ物を食べると、アルコールの吸収速度が遅くなり、酔いが覚めるまでに時間がかかることになります。ストレス、疲労、薬物、アルコールと併用する薬物など、その他の要因も酔い覚ましに影響を与えます。

飲み過ぎないことが一番ですが、万が一、飲み過ぎてしまったり、予期せぬ事態に見舞われた場合でも、早く酔いを覚ますための安全な方法があります。コーヒーを飲んだり、冷たいシャワーを浴びたりすれば、一時的に覚醒するかもしれませんが、これらの方法では完全に酔いが覚めるわけではありません。

大酒飲みの人は、アルコールなどの有害物質が血中に大量に存在することに体が慣れているため、たまにしか飲まない人よりも早く医師の診察が必要になる場合があります。禁酒に取り組む際に最も重要なことは、どんな方法を選んでも忍耐である。

アルコールの身体への影響を理解する

アルコールは、中枢神経系の機能を鈍らせるという意味で、抑圧的な薬物です。大量かつ急速に摂取すると、心身の協調性の低下、判断力の低下、抑制力の低下を招きます。アルコールの体内吸収は、年齢、性別、遺伝など、さまざまな要因に影響されます。 アルコールを摂取すると、アルコールは胃と小腸を通過し、血流に入ります。そして、数分のうちに体内のほぼすべての臓器に移動します。肝臓はフィルターの役割を果たし、摂取したアルコールの一部を排出しますが、大量のアルコールを迅速に処理することができないため、酔いを防ぐことができません。その結果、精神機能に影響を与える脳のような他の臓器に、まだ一部が残っているのです。 アルコールは、血液中の濃度が安全なレベルまで低下するまで、時間をかけて吸収され続けます。摂取した量にもよりますが、筋肉や脂肪など体内の他の部位から徐々に排出されるため、酔いの症状がすべて消えた後でも、数時間から数日かかると言われています。 過度の飲酒から回復するためには、心拍数、協調性、認知機能など、体のさまざまな部分への影響が完全になくなるまで、長期間の禁酒が必要です。

酔いを覚ますための実践的なアドバイス

飲み過ぎた場合、酔いを醒ますために何をすればよいのか分からないことがあります。幸い、体内のアルコールが自然に代謝されるのを待つ間、あなたが取ることができる実用的なステップがいくつかあります。

ただし、過度のアルコール依存症に「治療法」はありません。これらのヒントをすべて実行したとしても、体内からアルコールの影響がなくなるまでには数時間かかるでしょう。

  1. まず、水かソーダやジュースなどのノンアルコール飲料を飲むことから始めましょう。これらの飲み物は、血流中のアルコール濃度を薄め、体内からより早く排出させるのに役立ちます。糖分の多い飲み物は避けましょう。糖分は、脱水症状を悪化させるだけでなく、酔いの症状を悪化させる可能性があります。
  2. タンパク質と食物繊維を多く含む食品を食べましょう。例えば、ナッツ類、卵、魚、豆、果物、野菜、全粒粉のパンやシリアルなどです。
  3. 十分な休息をとり、組織の修復や疲労回復にエネルギーを集中させるのではなく、アルコールの代謝にエネルギーを集中させるようにする。アルコール飲料を飲んだ後にぐっすり眠れば、起きている間の気分も良くなり、より注意深く行動できるようになります。

4 . 必要に応じて薬を飲む – パラセタモール(アセトアミノフェン)は、ビタミンB/ CとEは、bcomplexマルチビタミンと一緒に有用であることがしばしば示唆されている。医療専門家によって推奨されている場合は、アスピリンも取られるべきであるが、それはまだ存在する任意の残留アルコールと反応して、さらに胃の炎症を引き起こす可能性があるので、医師がこの目的のために特にそれを処方しない限り、イブプロフェンを避ける、しかし、常に最初に医師とチェック任意の薬を定期的に服用する場合。

5 . 熱いシャワーを浴びて、これは筋肉をリラックスさせるのに役立ち、温度regulayionsを上昇させ、アロホールの使用によって引き起こされる抑うつ思考を軽減し、二日酔いの症状を緩和するために気持ちをリフレッシュしてください。

反応して、さらに胃の炎症を引き起こす可能性があるので、医師がこの目的のために特にそれを処方しない限り、イブプロフェンを避ける、しかし、常に最初に医師とチェック任意の薬を定期的に服用する場合。

コメント