桜盆栽の剪定時期と方法

桜盆栽の剪定時期と方法 盆栽
桜盆栽の剪定時期と方法
この記事は約10分で読めます。

盆栽愛好家の皆さん、こんにちは!美しい桜の盆栽を育てる方法は知っていても、いつ、どのように剪定すればよいかはご存知でしょうか?このブログでは、桜の盆栽を最高の状態に保つためのヒントやコツをお伝えします。

桜盆栽の紹介

盆栽は、樹木や低木を意図的に小さくして育てる、古代の芸術と園芸の実践です。日本人は盆栽の芸術を完成させました。盆栽の育て方に正解はありませんが、守るべき一般的な原則がいくつかあります

桜の盆栽は、美しい花と葉の装飾のために特に人気があります。桜の盆栽は通常、配線、刈り込み、剪定で形作られます。これは、桜の盆栽が自然の美しさを保ちながら、成長と構造のバランスを保つためのものです。

剪定は、木を小さく保ち、密な枝張りを促し、大きさと形をコントロールするのに役立ち、さらに、花の咲いたサクランボにもっと実をつけさせることができます。

剪定は、樹木を小さく保ち、枝の密度を高め、大きさや形を整え、花を咲かせ、実を多くつける効果があります。

剪定の基本を理解する

剪定は、盆栽の手入れをする上で大切な作業ですが、初めての人には敷居が高く感じられるかもしれません。桜の盆栽を剪定するときは、まず、いつ、どのように剪定するかという剪定の基本的な考え方を理解することが大切です。

桜盆栽の剪定は、晩冬から早春にかけての休眠期に行うのがよいとされている。この時期に剪定することで、最小限のダメージで樹形を整え、彫刻することができます。

「剪定の仕方」を理解する上で、人が使える切り口は主に4種類あります。

  • 葉の芽/指,
  • ,
  • 枝先(枝切り機を使用)
  • 枝落とし(剪定ばさみ使用)、
  • 枝落とし(剪定ばさみ使用)。
  • ヘビーシェイプ(のこぎりを使用)

蕾や指は、混み合った枝や伸びすぎた小枝を間引くときにのみ使用します。この種のカットは、枝から伸びる余分な部分を切り取ることで、将来の出芽の節を傷つけず、桜盆栽の美観を保つことができます。そのため、この盆栽は、「剪定(せんてい)」、「剪定(せんてい)」、「剪定(せんてい)」、「剪定(せんてい)」、「剪定(せんてい)」、「剪定(せんてい)」、「剪定(せんてい)」の3つの方法があります。枝があまりにも長く成長し、短縮する必要がある場合、ペアバックカットは、将来の季節の開発のための新しい芽のサイトを可能にしながら、古い木質材料の一部を削除することができます’成長パターンです。鋸を使うような重いものは、通常植え替えの後に、何年もかけて育てた盆栽の根が鉢の大きさに合わなくなってきたときに、芸術的な魅力を維持しながら鉢の位置を調整するために行います。チェリー盆栽プロフェッショナル・アドバンス・チーム・レベル1の知識ネットワークにより、常にベストプラクティス&クオリティーのケア結果が安全に達成可能な範囲&範囲で維持されます。このように、「盆栽プロフェッショナル・チーム・レベル・ワン」は、ベストプラクティスやクオリティ・ケアの成果を、常に安全に、到達可能なパラメータ内で、達成可能な範囲と精度の基準を確実に維持し、グループネットワークのシステム構造において、常に常に私たちと一緒にいて、毎日のワークフローのパターンを完全に効率化するために、常に有能に慎重に配慮して臨機応変に信頼性スキルセット方法接近可能完全成果範囲正常に一度慎重に生涯盆栽経験レベル達成満足楽しい楽しい木を抱き治療素晴らしい一貫してこれまで会員永遠の人生実り竹竹の子会員永遠に常緑よくモニターレベル楽しく永遠にいつか終わる

剪定のタイミングを見極める

桜盆栽の剪定は、タイミングが重要です。成長期に剪定すると新芽が伸び、晩夏から初秋にかけて剪定すると密生し、株が強くなり、形もよくなります。桜盆栽の剪定は、花が終わった直後、一般的には春の終わりに行うのがよいでしょう。また、剪定後に大雨や肥料を与えると、樹にショックを与え、傷んでしまうので、避けることが大切です。

剪定のタイミングは、盆栽の生育期間中(通常、晩春まで)に様子を見ることです。葉の色が濃くなり、垂れ下がり、時には内側に巻いてくるなど、成熟してきたと感じたら整枝の時期です。また、節間(2本の茎の間の隙間)から長いシュートが伸びてきて、少し胴長に見えるようであれば、その木も刈り込みの時期が来ていると思われます。そうすることで、木の構造がきれいになり、バランスのとれた外観になります。

剪定の準備

いつ、どのように桜盆栽を剪定するかは、小さな木を健康で最高の状態に保ちたい人にとって、重要なテーマです。適切な剪定は、成長した桜の形を正しく保ち、青々とした健康な葉を茂らせ、病気から木を守りつつ新しい成長を促すのに役立ちます。剪定を始める前に、樹木の健康状態を把握する必要があります。

剪定を始める前に考慮すべきいくつかのポイント:

  • 桜盆栽の成長パターンを観察する。枝が長くなりすぎたり、幹から遠く離れて広がっている場合は、枝を短くする時期かもしれません。枝が幹のどこから生えているのかを見てみましょう。もし、枝が一カ所からかなり近いところに生えている場合は、その部分で一部を切り落として細くする必要があるかもしれません。栄養摂取量が通常よりも少ない場合、または古い枝が若い枝よりも生存率が低い場合は、長さを切り詰めるだけでなく、完全に切り落とすことも検討しましょう。
  • 放置しておくと時間とともに樹木を弱らせたり、ダメージを与える可能性のある病気や害虫がないか確認します。特に、葉の変色やしおれなどの真菌感染の兆候に注意しましょう。これらは、感染した枝をすぐに取り除き、適切な殺菌剤スプレーで処理するなどの適切な予防措置をとらないと、簡単に木全体に広がってしまうからです。また、害を及ぼす可能性のあるウロコムシやアザミウマなどの虫の発生がないか調べ、化学的な防除処置が必要になる前に手作業で取り除くようにしましょう
  • 光が木のすべての部分に均等に届いているかどうかを分析します。
  • 日陰になっている部分は、葉が密集し、必要な日光が桜の樹冠の下の方に届かないため、成長が遅くなっています。一般論として、切り詰める対象を考えるときは、枝の長さの⅓以上は切り落とさないということを常に念頭に置いて、構造的な完全性を保つようにしましょう!
  • ピンチとワイヤリング:このテクニックは、両手を同時に使って、親指と人差し指で新芽をつまむと同時に、茎の周りにワイヤーの輪を付けて枝を鍛えるものです。この作業により、枝をコンパクトに保ち、垂直方向よりも水平方向に枝が伸びるよう促します。ピンチとワイヤリングは、春、新芽が開く前に行うのがよいでしょう
  • 葉刈り:葉刈りは、葉を丸ごと取り除いたり、葉の房を切り落としたりして、葉を引き締める作業です。また、夏場の日照時間が長すぎたり、気温が高すぎたりしてストレスがかかると、蒸散作用(植物が微細な孔から水を吸収する作用)を抑えることができます。トリミングは、活発な成長期(春から夏)にのみ行ってください。
  • 樹冠剪定:樹冠剪定は、桜盆栽の過密部分の枝を取り除き、樹冠の空気循環を良くするために行われます。また、来季の生育に合わせ、再生のためのスペースを確保することができます。樹冠の剪定は、夏の終わりから秋の初めにかけて、成長が止まっていても葉が茂っているときに行います。
  • 根切り: 根切りは、地面の下の支えを犠牲にすることなく根の成長をコントロールし、栄養と水の吸収をよくして、桜盆栽がより力強く、均一に成長できるようにするためのものです。根切りは生育が始まる前の晩冬に行い、植え替えの際には、根がデリケートなので傷つけないように注意しましょう。
  • 剪定後はできるだけ早く、しっかりと水をあげましょう。葉や幹についたほこりを落とし、新芽が出るまで健康な状態を保ちます。
  • 剪定後の回復期には、日当たりのよい場所に置き、十分な日光浴をさせましょう(直射日光が5~6時間当たるのが理想です)
  • 剪定で失われた栄養分を補うため、生育期間中は2週間に一度、盆栽用の万能肥料を与えてください(春と夏)。肥料を与えすぎると、葉焼けや根焼けを起こし、桜盆栽を弱らせてしまいますので、肥料の与えすぎや特殊な肥料の使用は避けてください。
  • 枯れ葉 枯れ始めたり、成長が止まっているのに気づいたら、きれいで鋭いハサミやバリカンを使って、芽の上で切り、傷んだ古い葉の代わりに新しい葉が生えるようにすることです。
  • 必要であれば、盆栽を悪天候から守りましょう。雨が予想されるときは屋外に傘をさし、屋外植物にとって有害と思われる著しい気温の低下(0℃以下)があるときは室内に取り込みます。

剪定の方法

剪定は、桜盆栽の大きさや形をコントロールし、樹木全体の健康状態を向上させるため、手入れには欠かせない作業です。剪定の仕方によって、高さを出したり、葉を茂らせたりと、樹形を整えることができる。剪定は、樹木が活発に成長しているときに、年に2~3回行うとよいでしょう。

剪定の方法としては、次のようなものがあります。

  1. ピンチとワイヤリング:このテクニックは、両手を同時に使って、親指と人差し指で新芽をつまむと同時に、茎の周りにワイヤーの輪を付けて枝を鍛えるものです。この作業により、枝をコンパクトに保ち、垂直方向よりも水平方向に枝が伸びるよう促します。ピンチとワイヤリングは、春、新芽が開く前に行うのがよいでしょう
  2. 葉刈り:葉刈りは、葉を丸ごと取り除いたり、葉の房を切り落としたりして、葉を引き締める作業です。また、夏場の日照時間が長すぎたり、気温が高すぎたりしてストレスがかかると、蒸散作用(植物が微細な孔から水を吸収する作用)を抑えることができます。トリミングは、活発な成長期(春から夏)にのみ行ってください。
  3. 樹冠剪定:樹冠剪定は、桜盆栽の過密部分の枝を取り除き、樹冠の空気循環を良くするために行われます。また、来季の生育に合わせ、再生のためのスペースを確保することができます。樹冠の剪定は、夏の終わりから秋の初めにかけて、成長が止まっていても葉が茂っているときに行います。
  4. 根切り: 根切りは、地面の下の支えを犠牲にすることなく根の成長をコントロールし、栄養と水の吸収をよくして、桜盆栽がより力強く、均一に成長できるようにするためのものです。根切りは生育が始まる前の晩冬に行い、植え替えの際には、根がデリケートなので傷つけないように注意しましょう。

剪定した桜盆栽のアフターケア

桜盆栽を剪定した後は、特に注意して適切なアフターケアを行う必要があります。桜の剪定は樹に負担をかけるので、剪定後すぐに適切なアフターケアを行う必要があります。

剪定後の手入れは、次のような手順で行います。

  1. 剪定後はできるだけ早く、しっかりと水をあげましょう。葉や幹についたほこりを落とし、新芽が出るまで健康な状態を保ちます。
  2. 剪定後の回復期には、日当たりのよい場所に置き、十分な日光浴をさせましょう(直射日光が5~6時間当たるのが理想です)
  3. 剪定で失われた栄養分を補うため、生育期間中は2週間に一度、盆栽用の万能肥料を与えてください(春と夏)。肥料を与えすぎると、葉焼けや根焼けを起こし、桜盆栽を弱らせてしまいますので、肥料の与えすぎや特殊な肥料の使用は避けてください。
  4. 枯れ葉 枯れ始めたり、成長が止まっているのに気づいたら、きれいで鋭いハサミやバリカンを使って、芽の上で切り、傷んだ古い葉の代わりに新しい葉が生えるようにすることです。
  5. 必要であれば、盆栽を悪天候から守りましょう。雨が予想されるときは屋外に傘をさし、屋外植物にとって有害と思われる著しい気温の低下(0℃以下)があるときは室内に取り込みます。

剪定の潜在的な問題

剪定が適切に行われないと、潜在的な問題が発生する可能性があります。不適切な剪定とは、多くの枝を切り落としすぎたり、短く切りすぎたりすることです。桜の種類によっては、トレーニングが有効ですが、正しく行わないと、先端休眠(枝の先端が2~3芽に切り落とされること)が起こり、葉形、成長、開花が低下します。

盆栽の形を整えるための剪定では、実をつけた枝は残しておかなければなりません。なぜなら、それがないと樹木内のエネルギー分布が不均等になり、次の季節に実がつきにくくなる可能性があるからです。また、剪定しすぎると木にストレスがかかり、時間とともに成長速度が低下し、病気や虫害のリスクも高まります。剪定は、葉の形を整え、健康な葉を育てるために必要なものだけにしましょう。

結論

最後に、桜盆栽の剪定は、手入れを怠らないようにするための重要な要素です。盆栽の剪定は、少なくとも年に2回、できれば春と秋に行いましょう。盆栽の形は、わかりやすく左右対称であることが望ましいのですが、非対称な形も魅力的です。

樹皮や枝を傷つけないように、ゆっくりと丁寧に刈り込むようにしましょう。

皮や枝を傷つけないように、ゆっくり丁寧に切りましょう。

コメント